iPhone、iPad、または iPod touch で FaceTime を使う

FaceTime を使って iOS デバイスでビデオ通話や音声通話をする方法を説明します。

Wi-Fi 環境では、次のいずれかのデバイスで FaceTime を使うことができます。

  • iPhone 4 以降
  • iPad 2 以降
  • iPad mini (すべてのモデル)
  • iPod touch 第 4 世代以降 (iPod touch 第 5 世代のみ FaceTime 音声通話に対応) 

モバイルデータ通信プランにご加入の場合は、Wi-Fi に接続できなくても、次のいずれかのデバイスで FaceTime を使うことができます。

  • iPhone 4s 以降
  • iPad (第 3 世代以降)

サウジアラビア、アラブ首長国連邦、パキスタンでご購入またはご利用いただいているデバイスでは、FaceTime を利用できない場合や、FaceTime がデバイスに表示されない場合があります。

        

FaceTime をオンにする

FaceTime App を開いて、お使いの Apple ID でサインインします (「設定」>「FaceTime」でも同じことができます)。

iPhone をお使いの場合は、お使いの電話番号が自動的に FaceTime に登録されます。iPhone でメールアドレスも登録するには、「設定」>「FaceTime」>「FaceTime に Apple ID を使用」の順にタップして、サインインします。

iPad または iPod touch をお使いの場合は、「設定」>「FaceTime」>「FaceTime に Apple ID を使用」の順にタップしてサインインし、メールアドレスを登録します。

 

 

 

        

FaceTime 通話をする

FaceTime 通話をするには、相手の電話番号または登録済みメールアドレスが必要です。FaceTime 通話をする方法はいくつかあります。

  • FaceTime App で、相手の電話番号またはメールアドレスを入力してから、FaceTime ビデオ通話 FaceTime ビデオ通話アイコン または音声通話 FaceTime 音声通話アイコン のアイコンをタップします。
  • 相手の電話番号またはメールアドレスが連絡先に登録されている場合は、相手の名前を入力してビデオ通話または音声通話のアイコンをタップできます。 
  • iPhone での通話中に FaceTime ビデオ通話に切り替えることもできます。電話中に FaceTime アイコンをタップすれば、FaceTime 通話に切り替わります。 

        

FaceTime 音声通話で割込通話機能を使う

iOS 8 以降をお使いの場合は、FaceTime 音声通話中に割込通話機能を使えます。別の電話がかかってきたら (通常の通話でも、別の FaceTime 音声通話でも)、次のいずれかの対応ができます。

  • 話し中の通話を切って、新しい着信を受ける
  • 新しい着信を受けて、話し中の通話を保留にする 
  • 新しい着信を拒否する 

さらにサポートが必要な場合

  • FaceTime の警告メッセージについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • FaceTime 通話の発信/受信ができない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • FaceTime App が見当たらない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • FaceTime 通話を着信拒否する方法については、こちらの記事を参照してください。
     
公開日: