iPhone、iPad、iPod touch で Keynote Remote を使う

Keynote Remote を使って、互換性のある iOS デバイスから Keynote プレゼンテーションをコントロールすることができます。

始める前に

Keynote Remote は、最新バージョンの iOS 用 Keynote に付属しています。Keynote Remote を使うには、Keynote 2.1 以降を搭載した iOS デバイス、および Keynote 6.1 以降を搭載した Mac が必要です。

Keynote Remote をお使いになる前に、必ず Mac および iOS デバイスに最新バージョンの Keynote をインストールしておいてください。快適にお使いいただけるように、iOS デバイスを最新バージョンの iOS にアップデートしてください。

Keynote Remote でプレゼンテーションを操作するには、事前にリモートデバイスを Mac または別の iOS デバイスに関連付けて (リンクして) おく必要があります。

Keynote Remote を Mac にリンクする

以下の手順で、Keynote Remote を Mac にリンクしてください。

  1. MaciOS デバイスの両方で Wi-Fi がオンになっていることを確認します。
  2. Mac で、Keynote のプレゼンテーションを開きます。
  3. 「Keynote」>「環境設定」を選択します。
  4. 「Remote」タブを選択します。
  5. 「有効にする」オプションを選択します。
  6. iOS デバイスで、Keynote App を開きます。
  7. プレゼンテーションマネージャのツールバーで Keynote Remote アイコンをタップします。プレゼンテーションがすでに開いている場合は、ツールバーの「プレゼンテーション」をタップするとプレゼンテーションマネージャが開きます。小型のデバイスを縦向きでお使いの場合は、  アイコンをタップしてください。
  8. この Keynote Remote にはじめてリンクする場合は「続ける」をタップします。
    はじめてではない場合は、「デバイス」ボタンをタップし、「デバイスを追加」をタップします。
  9. Mac 上の Keynote 環境設定の「Remote」パネル (上記の手順 4 を参照) に iOS デバイスの名前が表示されます。その名前の横にある「リンク」をクリックします。

    古いモデルの iOS デバイスや Mac コンピュータ、古いバージョンの Keynote では、両者を同じ Wi-Fi ネットワークに接続する必要があります。デバイスが認識されない場合は、Mac と iPhone、iPad、または iPod touch の両方が同じネットワークに接続されているか、Wi-Fi の設定を確認してください。 

    Keynote Remote は、インターネット共有機能で Mac または iOS のネットワークを共有している環境下では機能しません。 

  10. Mac 上に表示される 4 桁のパスコードと、iOS デバイス上に表示されるパスコードを見比べます。両者が一致する場合は、「確認」をクリックします。
  11. コンピュータ上のスライドショーを iOS デバイスからコントロールするには、iOS デバイスで「再生」をタップします。 

リンクした後で Keynote Remote を使う方法については、後出の「Keynote Remote を使う」を参照してください。

Keynote Remote を別の iOS デバイスにリンクする

以下の手順で、Keynote Remote を別の iPhone、iPad、または iPod touch にリンクしてください。

  1. 両方のデバイスで Wi-Fi をオンにします。

    iOS 用 Keynote 2.5 以降をお使いで、両方の iOS デバイスに Lightning コネクタがある場合は、デバイスを特定の Wi-Fi ネットワークに接続する必要はありません。Bluetooth を使ってデバイス間を接続することもできます。*

    いずれかのデバイスで以前のバージョンの Keynote をお使いの場合、またはいずれかのデバイスが Dock コネクタポートを搭載したモデル (iPhone 4s、iPad 2 および iPad 第 3 世代) である場合は、双方のデバイスを同じ Wi-Fi ネットワークに接続してください。

    Keynote Remote は、インターネット共有機能で Mac または iOS のネットワークを共有している環境下では機能しません。

  2. プレゼンテーションに使うデバイスの方で、Keynote プレゼンテーションを開きます。
  3. ツールバーの「ツール」アイコン (スパナのアイコン) をタップします。
  4. 「プレゼンテーションツール」をタップします。
  5. 「リモコンを許可」をタップします。
  6. 「Remote を有効にする」をタップしてオンにします。
  7. リモコンとして使う方のデバイスで、Keynote App を開きます。
  8. プレゼンテーションマネージャのツールバーで Keynote Remote アイコンをタップします。プレゼンテーションがすでに開いている場合は、ツールバーの「プレゼンテーション」をタップするとプレゼンテーションマネージャが開きます。小型のデバイスを縦向きでお使いの場合は、  アイコンをタップしてください。
  9. この Keynote Remote にはじめてリンクする場合は「続ける」をタップします。はじめてではない場合は、「デバイス」ボタンをタップし、「デバイスを追加」をタップします。
  10. プレゼンテーションを表示する方のデバイスに、リモコンとして使うデバイスの名前が表示されます。その名前の横にある「リンク」をタップします。
  11. プレゼンテーション側のデバイス上に表示される 4 桁のパスコードと、リモコン側のデバイス上に表示されるパスコードを見比べます。両者が一致する場合は、「確認」をクリックします。
  12. プレゼンテーション側のデバイスで、プレゼンテーションに戻ります。
  13. プレゼンテーション側のデバイス上のスライドショーをコントロールするには、リモコン側のデバイスで「再生」をタップします。 

リンクした後で Keynote Remote を使う方法については、後出の「Keynote Remote を使う」を参照してください。

リモコン側のデバイスの再生ボタンが反応しない場合は、リモコン側のデバイスで上記の手順 2 〜 6 を実行して Remote を有効にしてください。

Bluetooth で Keynote Remote を使う

* Wi-Fi に接続できない場合は、Bluetooth 経由で Keynote Remote を使って iOS デバイスから別のデバイス上の Keynote スライドショーを操作できます (Mac 上のスライドショーは操作できません)。Bluetooth 経由の場合は Wi-Fi の場合よりもスライドが表示されるまでに時間がかかることがあります。リモコン側のデバイスが iOS 7 搭載の場合、iOS 8 以降を搭載したデバイスのプレゼンテーションを Bluetooth 経由で操作することはできません。

Keynote Remote を使う

Keynote Remote をコンピュータまたは iOS デバイスにリンクしたら、以下の要領でスライドショーを操作できます。

  1. Mac または iOS デバイス上で Keynote プレゼンテーションを開きます。
  2. リモコン側のデバイス上で、プレゼンテーションマネージャのツールバーにある Keynote Remote アイコンをタップします。プレゼンテーションがすでに開いている場合は、ツールバーの「プレゼンテーション」をタップするとプレゼンテーションマネージャが開きます。
  3. リモコン側のデバイスが接続されるまで、数秒かかる場合があります。接続されると、リモコン側のデバイスに「再生」ボタンが表示されます。
  4. 「再生」をタップします。
  5. スライドショーがリモコン側のデバイスに表示されます。次のスライドに進むには左にスワイプし、前のスライドに戻るには右にスワイプします。
  6. リモコン側のデバイス上でレイアウトアイコンをタップすると、以下のレイアウトオプションが表示されます。
    現在:リモコン側のデバイス上に現在のビルド/スライドが表示されます。
    :リモコン側のデバイス上に次のビルド/スライドが表示されます。
    現在と次:現在のビルド/スライドと次のビルド/スライドが並べて表示されます。
    Keynote 2.5 以降:縦向きにした場合は、上下に表示されます。
    現在とノート:現在のビルド/スライドと発表者ノートが並べて表示されます。
    Keynote 2.5 以降:縦向きにした場合は、上下に表示されます。
    次とノート:次のビルド/スライドと発表者ノートが並べて表示されます。
    Keynote 2.5 以降:縦向きにした場合は、上下に表示されます。
  7. スライドショーを終了するには、「X」ボタンをタップするか、2 本指で下にスワイプします。

関連情報

  • スライドショーを再生する前に、Mac および iOS デバイスでおやすみモードをオンにしておいた方がいい場合もあります。
  • Keynote Remote を使って、Keynote Live で再生をコントロールできます。
  • AirPlay を使って、Keynote プレゼンテーションを Apple TV で再生することもできます。
  • プレゼンテーション中に、ハイライト機能を使って、スライドの一部をハイライトして注目を集めることができます。リモコンとして使う iOS デバイスには、iOS 用 Keynote 2.2 以降をインストールしておく必要があります。リモコンでコントロールするデバイスには、iOS 用 Keynote 2.2 以降か Mac 用 Keynote 6.2 以降がインストールされている必要があります。
公開日: