Mac のアクセサリが電力不足の場合や電力消費量が多すぎる場合

USB-A、USB-C、または Thunderbolt 3 (USB-C) ポートに接続するドライブ、カメラ、キーボード、ハブ、その他のデバイスに Mac から供給できる電力量は限られています。 

症状

以下のような症状がある場合は、Mac の USB-A 、USB-C 、または Thunderbolt (USB-C) ポートに接続されているデバイスに電力が十分に供給されていません。

  • デバイスへの電力が不足している、操作を完了できない、電力消費量の多い USB デバイスの接続を解除するまでそのデバイスは無効になるといったメッセージが表示される。
  • 電力消費量が多い操作がうまく実行されない。たとえば、ディスクへの書き込みでは、読み込みよりも多い電力が消費されます。
  • デバイスの電源が入らない、または Mac で認識されない。

問題解決

  • デバイスをセルフパワー (自己給電) 型のデバイスとして扱います。たとえば、可能であればコンセントにつないで使ってください。
    セルフパワー型のデバイスは、コンセントや内蔵のバッテリーから電力の供給を受けます。バスパワー型のデバイスは、Mac などのデバイスに接続し、そのデバイスから電力の供給を受けます。
  • Mac に接続するバスパワー型のデバイスの数を減らしたり、そのうちの多くをセルフパワー型のデバイスとして使うなどして、Mac から供給する電力の総量を減らします。
  • デバイスを別のデバイスに接続していて、それらのデバイスがチェーン状につながれている場合、接続先のデバイスから十分な電力が供給されていないか、接続先のデバイスが Mac から供給される電力を十分に中継していない可能性があります。代わりに、デバイスを Mac に直接接続してください。
  • Mac のポートと、Mac とデバイスを接続するケーブルが両方とも、デバイスと同じまたはそれよりも新しい USB 仕様に対応していることを確かめてください。たとえば、USB 3 仕様に対応するデバイスは、USB 2 のポートやケーブルにつないだ場合、十分な電力供給を得られない可能性があります。
  • 使っているケーブルが破損している場合や正常に機能していない場合も考えられるため、別のケーブルを使ってみてください。ケーブルとアダプタを併用している場合は、アダプタの方に損傷や欠陥がある可能性もあります。
  • デバイスのソフトウェア (ドライバ、ファームウェアなど) をアップデート可能な場合は、メーカーが提供している最新のソフトウェアを使っているか確認してください。Apple 製のアクセサリのファームウェアアップデートを入手するには、Apple のソフトウェアをアップデートしてください。
  • Mac のスリープが解除されていて、Mac オペレーティングシステムから起動していることを確認してください。Apple 製の一部のデバイスは、Mac のスリープが解除されていて、macOS から起動している場合に限り、電力の追加供給を受けることができます。

Mac の USB 給電について

システム情報で、Mac の USB 給電について詳しい情報を確認できます。USB デバイスを Mac に直接接続し、システム情報のサイドバーから「USB」を選択してください。各 USB デバイスについて、システム情報に以下の内容が表示されます。

  • 利用可能な電流:ポートから、そのポートに接続したデバイスに供給されるデフォルトの電力量。
  • 必要な電流:デバイスが必要としている電力量。
  • 高負荷時消費電流:2006 年以降に発売された Mac コンピュータや Apple 製ディスプレイは、iPhone や iPad などの所定の Apple 製デバイスに直接接続した場合、1 つまたは複数のポートで電力を追加供給できます。電力を追加供給するには、Mac やディスプレイの電源が入っていて、スリープが解除されている必要があります。Mac が Windows オペレーティングシステムから起動している場合、電力の追加供給はできません。

システム情報ウインドウ

USB 2、USB 3 などの各 USB 仕様で供給される電力について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: