AirMac Express:クライアントモードとは?

Wi-Fi ネットワークについて説明する場合、「クライアント」とは、単にネットワークに参加するもの (お使いのコンピュータなど) を指します。ワイヤレスプリントサーバやワイヤレスオーディオデバイスもクライアントになり得ます。

AirMac Express は、本格的なワイヤレスアクセスポイントとして使うことも、既存のネットワークに接続してワイヤレスプリントサーバ機能やオーディオ機能を添えるだけといった使い方もできます。後者の場合、AirMac Express はクライアントモードで動作します。

クライアントモードの AirMac Express は、自分自身をワイヤレスアクセスポイントとして提供したり、自身の Ethernet ポートを利用することはありません。AirMac Express は、ワイヤレスクライアントとして AirTunes やプリントジョブの割り当て先となるだけです。802.11b および 802.11g ネットワークに参加することが可能で、これには、WEP や WPA-PSK などのセキュリティ機能を利用するネットワークも含まれます。

クライアントモードでは、ProxySTA 機能によって、有線接続されたクライアントを Ethernet 経由で接続できます (802.11n ベースの AirMac Express のみ)。

Wireless Distribution System も、AirMac Express を既存の Wi-Fi ネットワークに接続する 1 つの方法です。AirMac Express は自分の Ethernet ポートを利用して WDS モードでワイヤレスアクセスポイントを提供可能ですが、ほかのアクセスポイントが AirMac Extreme または AirMac Express である必要があります。クライアントモードの利点は、Apple 製品以外のアクセスポイントや旧型の AirMac ベースステーション (「Dual Ethernet」および「Graphite」モデル) のネットワークに参加できる点です。

関連情報

「クライアントモード」の名前は、Wi-Fi 製品メーカーによって異なります。たとえば、「クライアントステーションモード」、「AP クライアントモード」、「ワイヤレスクライアントモード」、「STA モード」です。これらのモードが必要となる場合は、「クライアントモード」が同じモードであることに留意してください。

公開日: