Mac のスリープを解除して知らせる先進の通知機能

MacBook および MacBook Pro の 2015 年以降発売のモデルでは、通知機能が洗練され、スリープを解除して知らせてくれます。

以下に挙げるアプリケーションやサービスでは、先進の通知機能を活用できます。これらの機能は、コンピュータがインターネットに接続され、外付けディスプレイが接続されていない場合に使えます。 

メッセージ
新着メッセージが届くと、コンピュータのスリープを解除して知らせてくれます。 この機能は、コンピュータの蓋が開いている状態で動作します。

FaceTime
FaceTime のビデオ通話や音声通話が着信したときに、コンピュータのスリープを解除して知らせてくれます。この機能は、コンピュータの蓋が開いている状態で動作します。Mac および iOS デバイスでの FaceTime の使い方については、こちらを参照してください。

ソーシャルネットワーキング
Facebook、LinkedIn、Twitter、Sina Weibo などのサービスは、メッセージを受信するとコンピュータのスリープを解除し、そのメッセージを表示します。この機能は、コンピュータの蓋が開いている状態で動作します。

Game Center
ゲームへの招待を受けたとき、自分の順番が回ってきたときに、コンピュータのスリープを解除して知らせてくれます。 この機能は、コンピュータの蓋が開いている状態で動作します。

どこでも My Mac
コンピュータが電源に接続されている場合、「どこでも My Mac」でコンピュータを探し、リモートからアクセスすることができます。この機能は、蓋が閉じていてもスリープ状態にならない Mac で動作します。また、AirMac ベースステーションまたは Sleep Proxy を使う必要はなくなりました。「どこでも My Mac」について詳しくは、こちらを参照してください。

Mac を探す
「Mac を探す」を使って、スリープ状態のコンピュータで、その蓋が閉じていても音を鳴らすことができます。また、Mac を探してリモートからロックし、内蔵ドライブ上のデータを消去することもできます。「Mac を探す」について詳しくは、こちらを参照してください。

要件と設定

  • 通知機能は、ワイヤレスネットワークでも有線ネットワークでも使えます。Thunderbolt - Ethernet アダプタで接続している場合や、Apple Thunderbolt Display を経由して Ethernet に接続している場合も機能します。
  • ほとんどの通知は、システム環境設定の「通知」パネルから制御できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 「おやすみモード」を使うと、「Mac を探す」以外の上記の通知機能はすべて無効になります。
公開日: