新しい Mac にコンテンツを移動する

移行アシスタントを使って、書類、App、ユーザアカウント、および設定情報をすべて別のコンピュータから新しい Mac にコピーできます。


移行アシスタントは、ファイルをすべて古い Mac から新しい Mac にコピーしてくれるので、手作業でコピーする手間を省けます。


準備する

  1. 双方のコンピュータに、適用可能なソフトウェア・アップデートをすべてインストールしておきます。移行元の Mac に OS X Lion 以降が搭載されていない場合、移行先の Mac が OS X Mavericks 以降のときは、代わりに Mountain Lion の移行手順を実行してください。
  2. 双方のコンピュータに macOS Sierra 以降が搭載されている場合は、両者を近付けて、Wi-Fi を有効にしておきます。いずれかが OS X El Capitan 以前を搭載している場合は、双方を同じネットワークに接続しておいてください。
  3. 移行元の Mac で、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択して、「共有」をクリックします。「コンピュータ名」フィールドに名前が表示されていることを確認してください。


移行アシスタントを使う

準備ができたら、移行アシスタントを使って、古い Mac から新しい Mac にファイルを移動できます。

移行先の Mac で

  1. 移行アシスタントを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。「続ける」をクリックします。
  2. 情報の転送方法を確認する画面では、Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから転送するオプションを選択します。「続ける」をクリックします。
    移行アシスタント:情報の転送方法を選択してください。

移行元の Mac で

  1. 移行アシスタントを開いて、「続ける」をクリックします。
  2. 情報の転送方法を確認する画面では、別の Mac に転送するオプションを選択します。「続ける」をクリックします。 

移行先の Mac で

Mac、Time Machine バックアップ、ほかの起動ディスクを選択する画面で、移行元の Mac を選択します。「続ける」をクリックします。

移行アシスタント:転送元の選択

移行元の Mac で

セキュリティコードが表示される場合は、新しい Mac に表示されるコードと同じであることを確認してください。「続ける」をクリックします。

移行先の Mac で

  1. 転送する情報を選択します。
    この例では、John Appleseed が macOS ユーザアカウントです。同じ名前のアカウントがすでに新しい Mac 上にある場合は、古いアカウントの名前を変更するか、新しい Mac 上のアカウントを古いアカウントで置き換えるかの選択肢が提示されます。名前を変更する場合は、古いアカウントが新しい Mac 上で別のユーザアカウントとして表示され、ホームフォルダもログインも別々になります。置き換える場合は、新しい Mac 上のアカウントが削除され、古いアカウントで置き換えられます。ホームフォルダの中身も全部入れ替わります。移行アシスタント:転送する情報を選択
  2. 「続ける」をクリックすると、転送が始まります。転送量が多いと、終わるまで数時間かかる場合があります。
  3. 移行アシスタントが終了したら、新しい Mac に移行したアカウントにログインし、ファイルを確認してください。

古い Mac を手放す場合は、売却または譲渡する前や下取りに出す前にやっておくべき作業について、こちらの記事を参照してください。

公開日: