Mac の起動時に「?」マークが点滅表示される場合

Mac の起動時に、画面に「?」マークが点滅して表示される場合、Mac のシステムソフトウェアが見つからないという意味です。

「?」マークが数秒間だけ表示される場合

Mac に「?」マークがしばらく表示された後、引き続き起動が進む場合は、システム環境設定で起動ディスクを選択し直す必要があると考えられます。

  1. Apple メニュー () から「システム環境設定」を選択し、「起動ディスク」をクリックします。
  2. コンピュータの起動に通常使用するディスクのアイコンをクリックします。通常は、「Macintosh HD」という名前です。
  3. 「システム環境設定」ウインドウを閉じます。

これで、Mac の起動時に「?」マークが点滅表示されなくなるはずです。

Mac が起動しない場合

Mac の起動時に「?」マークが点滅して表示され、その後起動しなくなる場合は、以下の手順で対処してください。

  1. Mac の電源ボタンを数秒間押して、電源を切ります。
  2. 電源ボタンを 1 回押して Mac の電源を入れ直し、すぐにキーボードの「command + R」キーを押して Mac を macOS 復元から起動します。2 つのキーは Apple ロゴまたは地球儀のアイコンが表示されるまで押し続けてください。
  3. 画面に表示される案内に従って、起動の過程でインターネットへの接続に使う Wi-Fi ネットワークを選択します。
  4. 「macOS ユーティリティ」ウインドウが表示されたら、Apple メニューから「起動ディスク」を選択します。
  5. 起動ディスクを選択し、「再起動」をクリックします。

「起動ディスク」に普段お使いの起動ディスクが表示されない場合は、ウインドウを閉じて、この記事の次のセクションの対処法をお試しください。

起動ディスクが表示されない場合

起動ディスクのウインドウに普段お使いの起動ディスクが表示されない場合は、以下の手順にそって、起動ディスクのディレクトリを修復する必要がないか確認してください。

  1. macOS ユーティリティ」ウインドウからディスクユーティリティを開きます。
  2. ディスクユーティリティのウインドウの左側から、起動ディスク (通常は「Macintosh HD」という名前) を選択します。

  3. 「First Aid」タブをクリックします。
  4. 「ディスクを修復」ボタンをクリックして、起動ディスクに問題がないか検証し、問題がある場合は修復します。
  5. ディスクが正常に修復されたら、ディスクユーティリティを終了します。 
  6. Apple メニューから「起動ディスク」を選択します。起動ディスクを選択し、「再起動」をクリックします。依然として起動ディスクが表示されない場合は、起動ディスクに macOS を再インストールしてみてください。

内蔵の起動ディスクがディスクユーティリティのウインドウに表示されない場合、またはディスクユーティリティでハードウェアの問題が示唆される場合は、Mac の修復が必要だと考えられます。Apple Genius または Apple 正規サービスプロバイダに予約を入れて、ご相談ください。

ディスクユーティリティで起動ディスクを修復できない場合

ディスクユーティリティで起動ディスクに問題が見つかり、その問題を修復できない場合は、起動ディスクの再フォーマットが必要だと考えられます。起動ディスクを消去する前に、重要なデータを必ずバックアップしておいてください。起動ディスクを消去すると、ディスク上のすべての情報が削除されます。書類やデスクトップ上のアイテムなど、ホームフォルダの中身もすべてなくなります。

起動ディスクに保管されている個人データの最近のバックアップがない場合は、以下の手順にそって、外付けのドライブにデータをバックアップしてみてください。

  1. 外付けの USB、Thunderbolt、または FireWire ドライブを Mac に接続します。このドライブは、使用中の起動ディスクと同サイズまたはそれより大きいものを用意する必要があります。また、消去しても支障のないドライブであることも必要です。
  2. macOS 復元を使い、外付けのドライブを消去した上で、その外付けドライブ上に macOS をインストールします。必ず外付けのディスクを消去対象として選択してください。起動ディスク (通常は「Macintosh HD」という名前) は選択しないでください。
  3. インストールが終わると、Mac が外付けのドライブから自動的に再起動します。設定アシスタントが表示されたら、別のディスクからデータを移行するオプションを選択します。内蔵のディスクをデータの移行元として選択してください。 
  4. 移行が終わったら、設定アシスタントを最後まで進めます。デスクトップが表示されたら、外付けドライブ上にデータがあることを確認してください。

これで、外付けドライブにバックアップが作成されたので、以下の手順を実行してください。

  1. macOS 復元を使って、内蔵の起動ディスクを消去して、macOS を再インストールします。消去対象として、今度は外付けドライブではなく、内蔵の起動ディスクを選択してください。インストールが終わったら、Mac が内蔵の起動ディスクから自動的に再起動します。
  2. 起動ディスクを消去し、macOS を再インストールしたら、Mac が自動的に再起動し、設定アシスタントが表示されます。個人データを起動ディスクに元通りにコピーするには、設定アシスタントで、既存の Time Machine バックアップまたは別のディスクからデータを移行するオプションを選択します。データの移行元として外付けのドライブを選択してください。

起動ディスクを消去できない場合や macOS を再インストールできない場合は、Mac の修復が必要だと考えられます。Apple Genius または Apple 正規サービスプロバイダに予約を入れて、ご相談ください。

関連情報

公開日: