Apple Pay について - 加盟店向けのご案内

Apple Pay を導入すれば、お店や App 内や Web 上で、お客様が簡単に、安心して、そして安全にショッピングできるようになります。1 しかも、いつも持ち歩いているデバイスがお財布代わりになるので、とても便利です。

Apple Pay を使えば、クレジットカードなどの従来の決済方法よりもお会計が早くなり、お客様も財布の中からカードや小銭を探す手間が省けます。App 内や Safari の Web サイト上でも1、お客様はたった 1 回画面をタッチするだけで支払いをすませられるようになります。

また、Apple Pay を使ったお買い物は従来のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードよりずっと安全です。お客様が iPhone や iPad で支払う際には、Face ID、Touch ID、またはパスコードによる認証が毎回必要になります。また、お客様が手首から Apple Watch を外すと、そのたびにパスコードを入力しなければ Apple Watch を使えません。さらに、お客様が Apple Pay でお支払いになる場合は、実際のクレジットカード番号やデビットカード番号が業者側には伝わらないため、実際のクレジットカード番号やデビットカード番号を自社のシステムで処理することもありません。

当店で Apple Pay を使えるようにするにはどうすればいいですか?

国や地域によって異なりますが2、Apple Pay は、VISA、Mastercard、American Express、Discover、Interac、eftpos、China Union Pay、Suica、iD、QUICPay などのネットワーク、多数のカード発行元、決済プロバイダに対応しています。

ご自分のお店で Apple Pay を使えるようにするには、非接触型決済に対応した POS 端末が必要です。日本では、iD、QUICPay、Suica に対応した端末をご用意ください。お取り引きのある決済プロバイダに連絡して端末の設置を依頼し、Apple Pay を使えるようにしたいという旨をお伝えください。

Apple Pay Cash での決済は、Apple Pay を使った通常の決済と同様に処理されます。5 Discover デビットによる非接触型決済にすでに対応している場合は、特に何もしなくても、そのまま Apple Pay Cash にも対応できます。Discover デビットによる非接触型決済に対応していない場合は、お取り引きのある決済プロバイダにお問い合わせの上、現在お使いになっている POS 端末で Apple Pay が利用可能か、最新バージョンのカーネルとファームウェアが適用されているか、適切な BIN 範囲に対応しているかをご確認ください。

詳しくは、Apple Pay 加盟店サポートへお問い合わせください。

当店の POS 端末はすでに NFC/FeliCa/非接触型決済に対応済みなのですが、今すぐにでも Apple Pay を使えますか?

VISA、Mastercard、American Express、Discover、China Union Pay、Suica、iD、QUICPay、Interac による非接触型決済をすでに行なっている場合は、基本的には何もしなくてもそのまま Apple Pay を使えます。非接触型決済をまだ行っていない場合は、お取り引きのある決済プロバイダにお問い合わせの上、現在お使いになっている POS 端末で Apple Pay が利用可能かどうかご確認ください。可能であることがわかったら、実際に使えるようにしてもらってください。詳しくは、こちらの記事のチェックリストを参照してください。

Apple Pay を利用するには何か別に手数料がいるのですか?

いいえ。Apple から別途手数料をいただくことはありません。

Apple Pay 決済は、CP (Card Present) 決済ですか、それとも CNP (Card Not Present) 決済ですか?

Apple Pay を使って店頭で決済する場合は、CP 決済 (カードを実際に提示して決済する方法) です。App 内課金や Web 上での支払いを Apple Pay で決済する場合は、CNP 決済 (カードを提示せずに非対面で決済する方法) となります。

Apple Pay が不正利用された場合、その賠償責任は加盟店が負うのですか?

店舗内の場合は、クレジットカード、デビットカード、Suica、プリペイドカード決済と同様の扱いになり、同じ損害賠償規定がそのまま Apple Pay 決済にも適用されます。

App 内や Web 上の場合は1、Apple Pay 決済の方が、プラスチックカードによる標準的な決済よりも有利に扱われる可能性があります。すなわち賠償責任がカード発行元に移行する可能性があります。App 内や Web サイト上の Apple Pay 決済に対する賠償責任移行の利点については、お取り引きのある決済プロバイダにお問い合わせください。

当店では支払い方法として Apple Pay を使えるということを、お客様にはどうやってお知らせすればいいのでしょうか?

  1. 電子マネーのロゴや Apple Pay マークを決済端末付近の目立つ場所に掲示して、Apple Pay を使えるということがお客様に一目でわかるようにしておきます。
  2. Apple Pay マークをダウンロードして、メール、決済端末の画面、Web サイトなどに使用します。1
  3. ご自分のお店を Apple のマップに登録し、そこに Apple Pay を追加しておくこともできます。
  4. Apple Pay ステッカーを注文して、お店のウインドウやレジに貼っておくこともできます。3
  5. App や Web サイトでの告知方法についてはこちら (英語) をご覧ください。

日本では、iD と QUICPay のどちらで払えばいいのか、お客様にはどうやってわかるのですか?

日本では、Apple Pay で支払う時は、iD、QUICPay、Suica のいずれかを選択します。お客様が Apple Pay にクレジットカードやプリペイドカードを追加すると、それが QUICPay か iD のどちらかに登録されます。QUICPay なのか iD なのかわからない場合は、Wallet App を開いてカード上に表示されているロゴを見ればわかります。お客様が Apple Pay で払いたいとおっしゃった場合は、QUICPay、iD、Suica のどれでお支払いになりますか?とおたずねしてください。処理の仕方はプラスチックの非接触型カード (プラスチックカードの Suica など) の場合と同じです。

お客様が Apple Pay でお支払いになる際、レシートへの署名や PIN の入力は必要ですか?

一部の国や地域では、お店での購入額が一定額を超えると、Apple Pay で支払う時に PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があります。また場合によっては、レシートに署名をしたり、別の方法でお支払いいただかねばならないこともあります。4

お客様が Apple Pay Cash で支払いをする場合は、PIN は常に 0000 です。Apple Pay Cash PIN は変更できません。

お客様が Apple Pay で買った商品を返品したいとおっしゃった場合は、どう処理すればいいのでしょうか?

デバイスアカウント番号を使って該当の商品を探し、従来のクレジットカード、デビットカード、Suica、プリペイドカードで支払われた場合と同様に返品処理します。日本では、レシートに印字されている情報を使って商品を探したり返品処理をすることもできます。

デバイスアカウント番号の下 4 桁を確認するには、お客様に Wallet を開いていただき、購入時に使用したカードをタップしてから、画面の右下隅にある 情報アイコン をタップしていただきます。

あるいは、お客様に iPhone や Apple Watch をリーダー (読み取り端末) にかざしていただき、購入時に使用したカードを選択した上で、Face ID、Touch ID、またはパスコードで返品を認証していただくという方法もあります。

お客様が当店で Apple Pay をお使いになる場合、ご利用限度額はあるのですか?

Apple Pay では、どんな金額でも簡単かつ安全に支払いができるようになっています。ただし、加盟店やカード発行元が利用限度額を設定している場合があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

自分の App や Web サイトで Apple Pay を使えるようにするにはどうすればいいですか?

App や Web サイトで Apple Pay を使えるようにしたい場合は1こちら (英語) をご覧ください。

当店のポイントプログラムを Apple Pay で使えるようにするにはどうすればよいですか?

決済端末が対応しておれば、ポイントカードを追加して Apple Pay と連携して使用できます (日本では未対応)。Wallet の使い方についてはこちらの記事をご覧ください。詳しくは、Apple Pay 加盟店サポートへお問い合わせください。

Apple Pay についてもっと知りたい場合は?

Apple Pay の Web サイトをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。

  1. 中国では、Safari の Web 上での Apple Pay による支払いはできません。
  2. Apple Pay が使える国や地域については、こちらの記事をご覧ください。
  3. 現時点では、中国本土、日本、ロシアには Apple Pay ステッカーをお届けできません。
  4. 購入額にかかわらず署名不要で Apple Pay を使えるようにしたい場合は、それに対応した決済端末を設置して適切に設定することと、お取り引きのある決済プロバイダが非接触通信の最新仕様に対応していることが必要です。お取り引きのある決済プロバイダに CDCVM (Consumer Device Cardmember Verification Method) ホワイトペーパーを読んでもらい、ご自分のお店でお客様が署名なしで Apple Pay を使えるようにするにはどうすればよいかご相談ください。
  5. Apple Pay Cash は米国でしか利用できません。Apple Pay Cash カードは米連邦預金保険公社 (FDIC) の加盟銀行である Green Dot Bank が発行します。
公開日: