Final Cut Pro X でマルチチャンネルの MXF ファイルを作成する

5.1 サラウンドおよびステレオで仕上げたサウンドミックスを使って、マルチチャンネルの MXF ファイルを作成する方法を説明します。

Final Cut Pro X を使えば、ブロードキャスト配信や劇場公開に適したマルチチャンネルの MXF (Material Exchange File) ファイルを作成できます。完成した MXF ファイルには、5.1 サラウンドチャンネルが 6 個、ステレオチャンネルが 2 個の計 8 個のオーディオコンポーネントが入っています。

MXF ファイルを作成するには、以下のものを用意する必要があります。

  1. 完成した Final Cut Pro X プロジェクトのビデオマスターファイル
  2. 完成した 5.1 サラウンドオーディオミックス (以下のいずれかの形式):
    • 1 個の 6 チャンネルインターリーブ形式のオーディオファイル。ファイルの各チャンネルが、5.1 サラウンドチャンネルのそれぞれ 1 つに対応します (L、R、C、LFE、LS、RS)。
    • 6 個の別々のモノラルファイル。各ファイルが 5.1 サラウンドチャンネルのそれぞれ 1 つに対応します。
  3. 完成したステレオミックス (以下のいずれかの形式):
    • 1 個のステレオインターリーブ形式のオーディオファイル。
    • 2 個の別々のモノラルファイル。片方のファイルが左側のチャンネル、もう片方が右側のチャンネルに対応します。

完成したサラウンドミックスとステレオミックスにモノラルオーディオファイルを使う場合は、各ファイルが表すオーディオチャンネルにそれぞれ適したファイル名を付けてください。

お使いの Final Cut Pro のバージョンに応じて、以下の該当するリンクをクリックして、具体的な手順を確認してください。 

Final Cut Pro X 10.3 でマルチチャンネルの MXF ファイルを作成する

Final Cut Pro X 10.3 でマルチチャンネルの MXF ファイルを作成するには、Final Cut Pro を使ってメディアをプロジェクトに読み込みオーディオチャンネルをロールに割り当て最終的な MXF ファイルを作成します。

 

メディアを読み込む

まず、新しい Final Cut Pro X プロジェクトにメディアを読み込んで、オーディオファイルのゲインを上げます。ここでゲインを 3 dB 上げると、最終的にプロジェクトを MXF ファイルとして共有するときに起こるダウンミックス時の減衰量が 3 dB 補正されます。

  1. Final Cut Pro X でステレオプロジェクトを作成します。
  2. 完成したプロジェクトのビデオマスターファイル、完成した 5.1 サラウンドオーディオミックスとステレオミックスを読み込みます。
  3. プロジェクトブラウザでサラウンドクリップ (1 個のインターリーブファイルか 6 個のモノラルファイルのいずれか) とステレオクリップ (1 個のインターリーブファイルか 2 個のモノラルファイルのいずれか) を選択します。「変更」>「音量を調節」>「絶対」の順に選択し、ビューアの下のディスプレイに「3」と入力して「return」キーを押します。

ロールとサブロールを割り当てる

次に、オーディオチャンネルをロールとサブロールに割り当てます。

  1. タイムラインインデックスで「ロール」をクリックして、クリップをロールとサブロール別に表示します。
  2. 「変更」>「ロールを編集」の順に選択します。
  3. 新しいカスタムのオーディオロールを作成します。名前は「5-1 Mix」にし、サブロールを 6 個、「L」「R」「C」「LFE」「LS」「RS」という名前で作ってください。
  4. 「Stereo Mix」という新しいオーディオロールをもう 1 つ作成し、「Mix L」「Mix R」というサブロールを 2 個作成します。

  5. サラウンドクリップとして 1 個のインターリーブファイルを読み込んだ場合は、以下の手順を実行します。
    • ブラウザでサラウンドクリップを選択します。
    • 「オーディオ」インスペクタで、「チャンネル」ポップアップメニューをクリックして「6 モノラル」を選択します。 
    • 「オーディオ」インスペクタで、(メインのオーディオクリップではなく) 5.1 サラウンドミックスの 1 番目のコンポーネントの「Dialogue-1」をクリックし、「5-1 Mix」ロールのサブロール「L」を選択します。サラウンドファイルのほかのすべてのコンポーネントも、表「サブロールの割り当て」を参考にしてサブロールに割り当ててください。
  6. ステレオミックスとして 1 個のインターリーブファイルを読み込んだ場合は、以下の手順を実行します。
    • ブラウザでファイルを選択します。
    • 「オーディオ」インスペクタで、「チャンネル」ポップアップメニューをクリックして「デュアルモノ」を選択します。 
    • 表「サブロールの割り当て」を参考にして、2 つのコンポーネントをサブロールに割り当てます。
  7. サラウンドミックスとステレオミックスとして個別のモノラルファイルを読み込んだ場合は、各ファイルを「5-1 Mix」ロールと「Stereo Mix」ロールの適切なサブロールに割り当てます。
  8. 5.1 サラウンドオーディオクリップとステレオミックスクリップをタイムラインで編集します。タイムラインでサブロールを表示するには、各ロールのサブロールの表示アイコン をクリックします。

プロジェクトを共有する

最後に、タイムラインでビデオクリップとオーディオクリップを同期させ、プロジェクトを MXF ファイルとして共有します。

  1. タイムラインでビデオクリップを編集し、オーディオをビデオに同期させます。新しいオーディオファイルだけが聞こえるように、プロジェクトタイムラインにほかのオーディオがある場合は、無効にしておいてください。
  2. 「ファイル」>「共有」>「マスター」の順に選択します。
  3. 「設定」をクリックし、「フォーマット」ポップアップメニューから「MXF」を選択します。
  4. 「ロール」ポップアップメニューから「マルチトラック QuickTime ムービー」を選択します。 
  5. ほかの設定を適宜行います
  6. 「次へ」をクリックし、共有先を選択して「保存」をクリックします。Final Cut Pro で、ビデオトラックが 1 個、モノラルオーディオチャンネルが 8 個の MXF ファイルが作成されます。チャンネル 1 〜 6 が 5.1 サラウンドミックストラックに対応し、チャンネル 7 〜 8 がステレオミックスチャンネルに対応します。

Final Cut Pro X 10.1.4 〜 10.2.3 および Compressor でマルチチャンネルの MXF ファイルを作成する

Final Cut Pro X バージョン 10.1.4 〜 10.2.3 をお使いの場合は、Final Cut Pro を使ってメディアを読み込みロールとサブロールを割り当てプロジェクトを共有します。その後、Compressor 4.1.3 以降を使ってマルチチャンネルの MXF ファイルを作成してください。

メディアを読み込む

まず、新しい Final Cut Pro X プロジェクトにメディアを読み込んで、オーディオファイルのゲインを上げます。ここでゲインを 3 dB 上げると、最終的にプロジェクトを MXF ファイルとして共有するときに起こるダウンミックス時の減衰量が 3 dB 補正されます。

  1. Final Cut Pro X でステレオプロジェクトを作成します。
  2. 完成したプロジェクトのビデオマスターファイル、完成した 5.1 サラウンドオーディオミックスとステレオミックスを読み込みます。
  3. プロジェクトブラウザでサラウンドクリップ (1 個のステレオインターリーブファイルか 6 個のモノラルファイルのいずれか) とステレオクリップ (1 個のステレオインターリーブファイルか 2 個のモノラルファイルのいずれか) を選択します。「変更」>「音量を調節」>「絶対」の順に選択し、ダッシュボードに「3」と入力して「return」キーを押します。

ロールとサブロールを割り当てる

次に、オーディオチャンネルをロールとサブロールに割り当てます。

  1. タイムラインインデックスで「ロール」をクリックして、クリップをロールとサブロール別に表示します。
  2. 「変更」>「ロール」の順に選択します。
  3. 新しいカスタムのオーディオロールを作成します。名前は「5-1 Mix」にし、サブロールを 6 個、「L」「R」「C」「LFE」「LS」「RS」という名前で作ってください。
  4. 「Stereo Mix」という新しいオーディオロールをもう 1 つ作成し、「Mix L」「Mix R」というサブロールを 2 個作成します。
  5. 5.1 サラウンドオーディオクリップとステレオオーディオクリップをタイムラインで編集します。
  6. サラウンドオーディオクリップとステレオオーディオクリップとして 1 個のインターリーブファイルを読み込んだ場合は、クリップごとに以下の手順を実行します。
    • タイムラインでクリップを選択します。
    • インスペクタの「オーディオ」タブで、「サラウンド」ポップアップメニューをクリックし、サラウンドクリップについては「6 モノラル」、ステレオクリップについては「デュアルモノ」を選択します。 
    • タイムラインでクリップを右クリックして、「オーディオコンポーネントを展開」を選択します。サラウンドクリップの下に 6 個のコンポーネントクリップが、ステレオクリップの下に 2 個のコンポーネントクリップが表示されます。
  7. タイムラインで (メインのオーディオクリップではなく) コンポーネントクリップを選択し、「変更」>「ロールを割り当てる」の順に選択し、リストからサブロールを選択します。表「サブロールの割り当て」を参考にして、コンポーネントクリップをサブロールに割り当ててください。
  8. サラウンドミックスとステレオミックスとして個別のモノラルファイルを読み込んだ場合は、各ファイルを「5-1 Mix」ロールと「Stereo Mix」ロールの適切なサブロールに割り当てます。

プロジェクトをマスターとして共有する

ロールとサブロールを割り当てたら、タイムラインでビデオクリップとオーディオクリップを同期させ、プロジェクトを MXF ファイルとして共有します。

  1. 完成したビデオクリップを読み込み、タイムラインで編集して、オーディオをビデオに同期させます。新しいオーディオファイルだけが聞こえるように、プロジェクトタイムラインにほかのオーディオがある場合は、無効にしておいてください。
  2. 「ファイル」>「共有」>「マスター」の順に選択します。
  3. 「設定」をクリックし、「フォーマット」ポップアップメニューから「ビデオとオーディオ」を選択し、「ロール」ポップアップメニューから「マルチトラック QuickTime ムービー」を選択します。 
  4. ほかの設定を適宜行います
  5. 既存のオーディオロールを削除します。削除したいロールの上にポインタを置き、ポップアップメニューの右に表示される削除 (-) ボタンをクリックしてください。ビデオロールは削除しないでください。
  6. 「オーディオトラックを追加」をクリックして、新しいモノラルオーディオロールを 8 個作成します。以下の順序でオーディオロールを設定してください。
    • LFE
    • LS
    • RS
    • Mix L
    • Mix R
  7. 「次へ」(または「共有」) をクリックし、共有先を選択して「保存」をクリックします。Final Cut Pro で、ビデオトラックが 1 個と、前の手順で定義した順序で 8 個のモノラルオーディオトラックが入った QuickTime ファイルが作成されます。

Compressor で MXF を作成する

最後に、Compressor を使って MXF ファイルを作成します。ファイルをトランスコードする前に、配信要件に適した MXF フォーマットを確認しておいてください。

  1. Compressor で、「ファイルを追加」を選択し、Final Cut Pro で共有したマルチトラック QuickTime ムービーを選択します。
  2. Compressor 設定の「カスタム」>「MXF」で、適宜選択します (「1080i29.97 AVC-Intra 100」など)。
  3. 「バッチを開始」をクリックすると、5.1 ミックスおよびステレオミックスが個別のチャンネルとして含まれた、モノラルオーディオトラックが 8 個の MXF ファイルが作成されます。

サブロールの割り当て

以下の表には、サラウンドミックスとステレオミックスのオーディオコンポーネントに対するサブロールの割り当てを、お使いの Final Cut Pro のバージョン別にまとめています。

Final Cut Pro X 10.3 のサブロールの割り当て

サラウンドコンポーネント 5-1 ミックスのサブロールの割り当て ステレオミックスコンポーネント ステレオミックスのサブロールの割り当て
Dialogue 1 L Dialogue 1 Mix L
Dialogue 2 R Dialogue 2 Mix R
Dialogue 3 C    
Dialogue 4 LFE    
Dialogue 5 LS    
Dialogue 6 RS    

Final Cut Pro X 10.1 〜 10.2.3 のサブロールの割り当て

サラウンドコンポーネント 5-1 ミックスのサブロールの割り当て ステレオミックスコンポーネント ステレオミックスのサブロールの割り当て
mono 1 L mono 1 Mix L
mono 2 R mono 2 Mix R
mono 3 C    
mono 4 LFE    
mono 5 LS    
mono 6 RS
   
公開日: