iOS 10 を搭載した iOS デバイスのホーム画面から標準付属の Apple 製 App を削除する

iOS 10 にアップデートすると、iPhone、iPad、iPod touch のホーム画面から、標準で付属している Apple 製 App の一部を削除できるようになります。

標準 App をホーム画面から削除すると、関連するユーザデータや構成ファイルも削除されます。そのせいで、関連するシステム機能や Apple Watch 上の情報などに影響が及ぶ場合があります。

iOS に標準で付属している App は、省スペース設計のため、すべて合わせても 150 MB 以下しか消費しません。iOS の付属 App を削除しても、デバイス本体の容量は解放されません。

ホーム画面から削除できる標準付属 App

iOS 10 をお使いの場合は、以下の App をホーム画面から削除できます。

  • 計算機
  • カレンダー
  • コンパス
  • 連絡先1
  • FaceTime2
  • 友達を探す 
  • Home
  • iBooks3

  • iCloud Drive
  • iTunes Store
  • メール
  • マップ3
  • ミュージック3
  • News
  • メモ
  • Podcast3

  • リマインダー 
  • 株価
  • ヒント
  • ビデオまたは TV
  • ボイスメモ
  • Watch App4
  • 天気


  1. 連絡先 App を削除しても、連絡先情報はすべて電話 App の中に残っています。
  2. FaceTime App を削除しても、連絡先 App と電話 App から引き続き FaceTime 通話をかけたり受けたりすることはできます。
  3. iBooks、マップ、ミュージック、Podcast の各 App を削除した場合、これらの App を CarPlay で使えなくなります。
  4. Apple Watch とペアリングしてある iPhone から Watch App を削除しようとすると、Apple Watch のペアリングを解除してからでないと Watch App を削除できないという警告メッセージが表示されます。

標準付属の App をホーム画面から削除する

  1. App を小刻みに震え出すまで押し続けます。App が小刻みに震えない場合は、強く押しすぎないようにしてください。
  2. App の 削除 をタップしてから、「削除」をタップします。
  3. ホームボタンを押して、作業終了です。

削除した標準付属の App を復元する

  1. App Store にアクセスします。 
  2. 該当の App を検索します。App の正確な名前を使ってください。付属 App の正しい名前は、こちらでご確認ください。
  3. ダウンロード をタップして、App を復元します。
  4. App が復元されるまで待ち、復元されたらホーム画面から開きます。

標準付属の App をホーム画面から削除した場合の影響

標準で付属している App をホーム画面から削除すると、ほかのシステム機能に影響が及ぶ場合があります。以下は一例です。

  • Apple Watch を iPhone とペアリングしてある場合、iPhone のホーム画面から App を削除すると、同じ App が Apple Watch のホーム画面からも削除されます。
  • ホーム画面から Podcast App を削除した場合、CarPlay で Podcast を使えなくなります。 
  • ミュージック App を削除した場合、一部のステレオやステレオレシーバーで、Apple 製または他社製の App を使って一部のオーディオコンテンツを再生できなくなる場合があります。
  • 株価 App や天気 App をホーム画面から削除すると、ほかの画面でも株価情報や天気情報が表示されなくなります。たとえば、iPhone の通知センターや、Apple Watch のコンプリケーションまたはグランスにも、株価情報と天気情報が表示されなくなります。
  • 計算機 App を削除すると、コントロールセンターに計算機が表示されなくなります。

影響が及んでしまった機能を元に戻すには、標準付属の App を元通りホーム画面に追加してください。

公開日: