メールの接続診断を使う

メールの接続診断は、Mac のメール App でメールを送受信できない場合の原因究明に役立ちます。

Mac でメールを送受信できない場合は、メールの接続診断を使って、問題の詳細を探ることができます。メールの接続診断では、インターネットへの接続状況と、お使いの各メールアカウントの状況が診断されます。

メール App を開いて、メニューバーで「ウインドウ」>「接続診断」の順に選択します。

メール App の「接続診断」ウインドウ

インターネットには接続できているのに、メールの接続診断でお使いのアカウントの横に赤い丸印が表示される場合は、「詳細な情報」列で問題の詳細を確認してください。


メール App でアカウントにログインできない場合

メール App の「接続診断」の「詳細な情報」列に、アカウントにログインできなかったと表示されている場合:

  • メールサービスが一時停止されている可能性が考えられます。 ご加入先のプロバイダにお問い合わせになるか、サービスの稼働状況の Web ページを参照し、メールサービスがオンラインかどうかをご確認ください。
  • メールアカウントのパスワードがなくなっているか、すでに無効になっている可能性があります。 


メール App がサーバに接続できない場合

メール App の「接続診断」の「詳細な情報」列に、メール App がサーバに接続できなかったと表示されている場合:

  • メールアカウントの設定が正しくない可能性があります。メールの環境設定を開いて、最新のメールアカウント情報が設定されているか確認してください。「メールサーバ設定の確認」ページでは、多くのメールプロバイダの設定情報をご確認いただけます。または、ご加入先のメールプロバイダから設定情報を入手してください。
  • ネットワーク上のファイアウォールがメールサービスとの接続をブロックしている可能性があります。他社製のファイアウォールソフトウェアをインストールした後や、必要なメール接続が許可されていない別のネットワークをお使いの場合は、そのような状況になることがあります。勤務先の社内ネットワークから接続する場合は、IT 部門に連絡してサポートを受けてください。コーヒーショップやインターネットカフェなど、別の場所から接続している場合は、各所の担当者にお問い合わせください。


さらに詳しい情報が必要な場合

問題に関するさらに詳しい情報が必要な場合:

  • 「詳細情報を表示」ボタンをクリックすると、引き出し式のパネルが開いて、メール App とご加入先のメールサービスとの間の通信の基本情報が表示されます。パネルに何も表示されない場合は、「もう一度確認」をクリックして再診断を始めてください。このパネルのデータをコピーして、別の App にペーストすると、閲覧しやすくなります。「ALERT」という語を含むメッセージは、メールプロバイダから直接送られてきた情報です。
  • 「接続動作状況のログを記録」チェックボックスを選択すると、メールサービスとの通信の詳細情報を記録したログファイルが生成されます。このログを表示するには、「ログを表示」をクリックします。ログの記録を停止するには、「接続動作状況のログを記録」の選択を解除します。

 

公開日: