Apple 製品のお手入れ方法

Apple 製のコンピュータ、iPad、iPhone、iPod、ディスプレイ、周辺機器のお手入れについての推奨事項およびガイドラインを紹介します。

Apple 製品は、製品ごとに材質が違うため、具体的なお手入れの方法が製品ごとに違ったり、清掃する部品ごとに異なる場合があります。ひとまず、すべての製品に当てはまるヒントを以下にいくつか紹介します。

  • 糸くずの出ない柔らかい布を使います。 研磨布、タオル、ペーパタオル、またはそれに類似したものを使うと、傷が付く可能性があります。 
  • 外部電源、デバイス、ケーブル類をすべて取り外します。
  • 製品の近くに液体を置かないようにします。
  • 開口部から水分や湿気が入らないよう注意してください。
  • スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤は使わないでください。
  • クリーナーを直接吹きかけないようにします。

Apple 製品に液体が浸入した場合は、できるだけ早く Apple 正規サービスプロバイダまたは Apple Store 直営店にご連絡ください。液体による損傷には、Apple 製品保証または AppleCare Protection Plan は適用されません。Apple Store 直営店にお越しいただく場合は、あらかじめ Genius Bar のご予約をお願いいたします (一部の国や地域でのみご利用いただけます)。

Apple の内蔵または外付けのキーボード、トラックパッド、マウスを消毒する方法については、こちらの記事を参照してください。

具体的な手順を確認するには、お使いの Apple 製品を選択してください。

ノートブックコンピュータ

Mac ノートブックコンピュータのお手入れ方法を説明します。

MacBook、MacBook Pro、MacBook Air

MacBook、MacBook Pro、または MacBook Air の外側を清掃する場合は、まずコンピュータをシステム終了してから電源アダプタを外します。次に、少し湿らせた、糸くずの出ない柔らかい布でコンピュータの外面を清掃します。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。コンピュータに直接液体を吹きかけないでください。表面が傷む恐れがあるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

MacBook、MacBook Pro、または MacBook Air の画面を清掃する場合は、まずコンピュータをシステム終了してから電源アダプタを外します。次に、糸くずの出ない柔らかい布を水で湿らせて、コンピュータの画面を拭きます。

MacBook Pro (15-inch, Late 2016) および MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports):これらのコンピュータの Touch Bar と Touch ID (電源ボタン) は、ディスプレイと同じ方法でお手入れします。Mac をシステム終了して、電源アダプタのプラグを外します。糸くずの出ない柔らかい布を水で湿らせて、Touch Bar と Touch ID を拭きます。

MacBook (13-inch, Late 2009) および MacBook (13-inch, Mid 2010):これらのコンピュータの下部ケースには、柔らかく滑らない素材が使われています。下部ケースを清掃するには、3M Gray Microfiber または染色されていない、糸くずの出ない柔らかい布を使ってください。

トップへ戻る

 

デスクトップコンピュータ

Mac デスクトップコンピュータのお手入れ方法を説明します。

Mac Pro

Mac Pro の外側を清掃する場合は、まず Mac Pro をシステム終了して、電源コードおよび接続されているその他の機器を取り外します。次に、少し湿らせた、糸くずの出ない柔らかい布でコンピュータの外面を清掃します。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。コンピュータに直接液体を吹きかけないでください。表面が傷む恐れがあるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

Mac mini

Mac mini の外側を清掃する場合は、まず Mac mini をシステム終了して、電源コードおよび接続されているその他の機器を取り外します。次に、少し湿らせた、糸くずの出ない柔らかい布でコンピュータの外面を清掃します。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。コンピュータに直接液体を吹きかけないでください。表面が傷む恐れがあるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iMac

iMac の外側を清掃する場合は、まず iMac をシステム終了して、電源コードおよび接続されているその他の機器を取り外します。次に、少し湿らせた、糸くずの出ない柔らかい布でコンピュータの外面を清掃します。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。コンピュータに直接液体を吹きかけないでください。表面が傷む恐れがあるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iMac のディスプレイを清掃する場合は、まず iMac をシステム終了して、電源コードおよび接続されているその他のデバイスを取り外します。次に、iMac に付属のクロスまたはきれいな糸くずの出ない柔らかい布を水で湿らせてから画面を拭きます。画面に直接液体を吹きかけないでください。

トップへ戻る

 

ディスプレイ

ディスプレイを電源から抜いて、コンピュータへの接続ケーブルおよびその他の外部装置をすべて外します。次に、ディスプレイに付属のクロスか、別の柔らかく乾いた布で画面の埃を拭き取ります。ディスプレイパネルまたはケースを掃除する必要がある場合は、糸くずの出ない柔らかい布を水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。ディスプレイのお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

警告:画面のお手入れにはアセトン含有洗剤を使わないでください。画面やディスプレイ用のクリーナーをお使いください。画面に直接クリーナーを吹き付けないでください。ディスプレイ内部に浸み込むと、障害の原因になる恐れがあります。

トップへ戻る

 

周辺機器

Mac 周辺機器のお手入れ方法を紹介します。

Magic Keyboard、Magic Trackpad、Magic Mouse、Wireless Mighty Mouse、Apple Wireless Mouse、コード付きの Apple Mouse、コード付きの Mighty Mouse

まずデバイスの電源を切ってください。デバイスの電池が取り外し可能な場合は、取り外します (ケーブル接続のデバイスの場合は、コンピュータから外します)。

糸くずの出ない柔らかい布を水で湿らせて、デバイスの外側を清掃します。内部に水分や湿気が入らないよう注意し、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

Magic Mouse または Magic Mouse 2 のトラック操作が安定しない場合、髪の毛などの異物がセンサーレンズに付いている可能性があります。マウスを裏返して、明るいところでセンサーウインドウを調べてください。異物が見つかった場合は、センサーウインドウをエアダスターでていねいに掃除してください。

Apple のアルミニウム製/プラスチック製ワイヤレスキーボードおよびケーブル接続のキーボード

ケーブル接続のキーボードの場合は、まずコンピュータから外します。ワイヤレスキーボードの場合は、電源を切り、電池を取り外します。キーボードの外側を清掃するには、糸くずの出ない柔らかい布を水で湿らせて使います。内部に水分や湿気が入らないよう注意し、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

トップへ戻る

 

iPhone 用ケース

iPhone 用ケース - シリコーン製

シリコーン製の iPhone 用ケースを清掃するには、iPhone をケースから取り外します。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて、iPhone 用ケースの内側と外側の汚れを拭き取ります。iPhone 用ケースのお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iPhone 用ケース - レザー製

レザー製の iPhone 用ケースには天然レザーが使われているため、使っているうちに風合いが変わっていきます。艶が出てきたり、皮脂や直射日光で色が変化したりして、より自然な色合いになっていきます。

レザーを清掃すると、その色にも影響してくる場合があります。このケースを清掃する場合は、まず iPhone から取り外します。きれいな布にぬるま湯とハンドソープを付けて、iPhone ケースの汚れをやさしく拭き取ります。また、乾いたきれいな布に低刺激のクリーナーを付けて拭き取ってもかまいません。レザークリーナーおよびコンディショナーは、レザーの色を変えてしまう可能性があります。

iPhone のケースを長期間、直射日光があたる場所や、高温多湿の場所に置かないでください。水、油、化粧品、および染色物 (デニムなど) に触れると、なめし革にしみが付く可能性があります。

iPhone Smart Battery Case

Smart Battery Case を清掃するには、iPhone をケースから取り外します。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて、ケースの外側の汚れを拭き取ります。ケースのお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

内蔵の Lightning コネクタを清掃するには、糸くずの出ない柔らかく乾いた布を使い、液体や洗浄剤は使わないでください。

iPhone のお手入れ方法については、こちらの記事を参照してください。

トップへ戻る

 

iPad ケース

iPad Smart Cover と Smart Case - ポリウレタン製

ポリウレタン製の iPad Smart Cover/Case を清掃するには、まず iPad から取り外します。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。糸くずの出ない柔らかい布で Smart Cover/Case の前面および内側を拭き、汚れを取り除きます。

Smart Cover/Case のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iPad Smart Cover と Smart Case - レザー製

レザー製の iPad 用ケースには天然レザーが使われているため、使っているうちに風合いが変わっていきます。艶が出てきたり、皮脂や直射日光で色が変化したりして、より自然な色合いになっていきます。

レザーを清掃すると、その色にも影響してくる場合があります。レザーを清掃する場合は、まず iPad から Cover/Case を取り外します。きれいな布にぬるま湯とハンドソープを付けて、レザーの汚れをやさしく拭き取ります。糸くずの出ない柔らかい布で外側および内側を拭き、汚れを取り除きます。また、乾いたきれいな布に低刺激のクリーナーを付けて拭き取ってもかまいません。低刺激のクリーナーおよびコンディショナーは、しみ取りに役立つ場合がありますが、レザーが色落ちする可能性もあります。

iPad のレザー製の Cover/Case を長期間、直射日光があたる場所や、高温多湿の場所に置かないでください。水、油、化粧品、および染色物 (デニムなど) に触れると、なめし革にしみが付く可能性があります。

シリコーン製 iPad ケース

シリコーン製の iPad 用ケースを清掃するには、iPad をケースから取り外します。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて、ケースの内側と外側の汚れを拭き取ります。iPad 用ケースのお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

トップへ戻る

 

iPad

iPad の表面になるべく汚れや傷が付かないように扱ってください。引っかき傷や擦り傷などから保護したい場合は、市販のケースを別途購入して使用できます。iPad を清掃するには、ケーブル類をすべて取り外して、iPad の電源を切ってください (スリープ/スリープ解除ボタンを長押しすると、スライダが画面に表示されるので、スライドさせて電源を切ります)。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPad のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。iPad の画面には、油分をはじくコーティングが施されています。iPad の画面に付いた指の脂は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。コーティングによる皮脂汚れ防止の効果は、通常の使用条件下でも時間が経てば次第に薄れてきます。研磨剤などで画面をこするとさらに効果が薄れ、細かい傷が付く恐れがあります。

トップへ戻る

 

iPod

iPod touch

iPod touch を清掃するには、ケーブル類をすべて取り外して、iPod touch の電源を切ってください (スリープ/スリープ解除ボタンを長押しすると、スライダが画面に表示されるので、スライドさせて電源を切ります)。次に、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPod touch のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iPod classic

iPod classic を清掃する場合は、すべてのケーブルを取り外し、iPod classic の電源を切ってから、ホールドスイッチを HOLD にスライドしてください。次に、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPod classic のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iPod nano

iPod nano を清掃する場合は、すべてのケーブルを取り外し、iPod nano の電源を切ってから、ホールドスイッチを HOLD にスライドしてください。次に、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPod nano のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iPod nano (第 6 世代) にはホールドスイッチは付いていません。清掃する前に、スリープ/スリープ解除ボタンを押すだけで電源を切ることができます。

iPod shuffle

iPod shuffle を清掃する場合は、すべてのケーブルを取り外し、iPod shuffle の電源を切ってから (スイッチを OFF にスライド)、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPod shuffle のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

iPod mini

iPod mini を清掃する場合は、すべてのケーブルを取り外し、iPod mini の電源を切ってから、ホールドスイッチを HOLD にスライドします。次に、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPod mini のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

トップへ戻る

 

関連情報

Apple 製品のお手入れ方法、取り扱い方法、および使用方法について詳しくは、製品に付属のユーザガイド (または、ダウンロードしたユーザガイド) を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: