iBooks Author における Keynote プレゼンテーションの機能のサポートについて

iBooks Author で作成したブックに Keynote プレゼンテーションを追加した場合、一部の機能は違った動作をします。

Keynote ファイルを iBooks Author の Keynote ウィジェットにドラッグアンドドロップできます。

トランジションとビルド

Mac 用 Keynote 6.0 以降のプレゼンテーションファイルを読み込む場合は、以下を除くすべてのトランジションとビルドがサポートされます。

  • スキッド
  • スパークルトランジション
  • シマートランジション
  • トレース
  • 線描画
  • 3D グラフエフェクト

サポート対象外のビルドとトランジションはディゾルブに置き換えられます。

インタラクティブグラフ

Keynote 6.0 以降のインタラクティブグラフはサポートされません。iBooks Author で使う予定の Keynote ファイルでは、使わないようにしておいた方が得策です。

自動再生プレゼンテーションや録音付きプレゼンテーションについて

自動再生プレゼンテーションや、ナレーション付きで記録されたプレゼンテーションは正しく動作しない場合があります。読者はそのプレゼンテーションを表示したり、手動で進めたりすることはできますが、記録されたナレーションやタイミングは利用できません。

Apple Books のブックストアでブックを出版する場合、ブックにデジタル著作権管理 (DRM) 保護を適用するときは、Keynote ウィジェットに含まれるビデオとオーディオは、ブックがダウンロードされた時点で DRM 付きになります。

「ページ内で再生」と「自動的に再生」について

iBooks Author 2.2 以降では、フルスクリーンモードで再生しなくても、ページ上で直接 Keynote プレゼンテーションを再生できます。このオプションを選択した場合、読者はページ上で直接ウィジェットを操作できます。読者がそのページを開いたときに自動的にプレゼンテーションが再生されるように設定しておくこともきます。

これらのオプションは、ウィジェットインスペクタで設定できます。

関連情報

  • ブックにメディアを追加したい場合、Keynote を使う必要はありません。代わりに、メディアウィジェットを使うか、メディアをブックのページに直接ドラッグできます。メディアファイルを iBooks Author に追加する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • Mac や iPad Retina ディスプレイモデル用にブックを作成する場合は、Keynote のスライドサイズを 2048 x 1536 に設定してください。iPad Retina ディスプレイモデル以外の iPad 用にブックを作成する場合は、Keynote のデフォルトのスライドサイズ 1024 x 768 を使用してください。デバイスに合わせてブックを最適化する方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: