Mac のメールの使い方

OS X のメール App を使って、メールを作成し、返信し、Mac に保管しておけます。 

メールを設定する

はじめてメールを開いたときに、メールアカウントがまだ設定されていない場合は、設定画面が表示されます。

リストからお使いのメールプロバイダを選択して、「続ける」をクリックします。

名前、メールアドレス、メールパスワードを入力して、「作成」をクリックします。 

必要に応じて、追加の設定情報の入力画面が表示される場合があります。アカウントの作成が終わったら、「メール」>「アカウントを追加」の順に選択して、別のアカウントを追加できます。

新規メッセージを作成する

新しいメッセージを書き始める場合は、「command (⌘) + N」キーを押すか、メールツールバーの新規メッセージの作成ボタン  をクリックするか、または「ファイル」>「新規メッセージ」の順に選択します。メッセージウインドウが開きます。

「宛先」フィールドまたはその他のアドレスフィールドに名前やアドレスを入力する際は、連絡先 App に登録されている情報や、過去に送受信したメッセージに基づいて、フィールドの情報が自動補完されます。必要な場合は、送り先のメールアドレスをすべて入力してください。複数の宛先を指定する場合は、カンマで区切ります。

メッセージの件名を所定のフィールドに入力し、その下の大きい欄にメッセージの本文を入力します。メッセージの見た目を変えるには、以下のように変更します。

  • フォーマットボタン  をクリックして、表示されるコントロール群を使って、フォントやテキストの配置を変更します。
  • ひな形パネルの表示ボタン  をクリックして、組み込みのメッセージテンプレートのいずれかを使います。

書き終わったら、送信ボタン  をクリックします。オフラインの場合、送信したメッセージは、インターネットに接続するまで「送信」メールボックスに保管されます。まだメッセージを送信しない場合は、そのメッセージウインドウを閉じるか、別のメッセージを選択します。作成中のメッセージは「下書き」メールボックスに保管されます。

メールを表示する

メールアカウントに新着メールが届いているかどうかは自動的にチェックされます。手動でメールをチェックする場合は、新着メールの受信ボタン   をクリックします。メッセージを表示するには、メールウインドウの左側にあるリストから、メッセージを選択します。メッセージの本文が、ウインドウの右側に表示されます。

メールに返信する

メッセージに返信するには、返信ボタン  または全員に返信ボタン  をクリックします。返信文を入力して、送信ボタン  をクリックします。転送ボタン  をクリックして、送信したメッセージをほかの人に転送します。

OS X Yosemite 以降では、マークアップ機能を使って、添付ファイルに直接描画したりテキストを入力したりできます。添付ボタン をクリックして、返信文にファイルを添付してから、ポインタをメッセージ内に添付された画像または PDF の上に移動します。添付画像の右上隅に表示されるメニューアイコン  をクリックして、表示されるメニューから「マークアップ」を選択します。以下のようなマークアップツールを使用できます。

  • スケッチツール  を使うと、添付画像の上にフリーハンドで線を引くことができます。
  • シェイプツール  を使うと、四角形、楕円形、直線、矢印などの形状を追加できます。トラックパッド上で指を使って図形を描くこともできます。シェイプパレットの一番下にある拡大ツール  を使うと、画像の一部を拡大してわかりやすく表示することができます。
  • テキストツール  を使えば、画像や PDF の上に直接文字を入力して、メールスレッドに関するフィードバックを書き添えるといったことが可能です。
  • 署名ツール  を使うと、トラックパッド上に指で描くか、または Mac の内蔵カメラで署名の写真を撮って、署名することができます。

スレッド

メールのやりとりがスレッドとしてまとめられるので、自分と相手とのメッセージの流れを簡単に確認できます。前のメールですでに読んだテキスト部分はたたんで表示されるので、1 つのトピックを読み進めやすくなっています。特定のメッセージのテキスト全文を表示するには、「続き/省略箇所を表示」をクリックします。

添付ファイル

画像や書類などのファイルを添付するには、以下の要領で操作してください。

  • 添付ファイルをメールメッセージにドラッグします。
  • または、メッセージウインドウの添付ボタン  をクリックします。
  • または、「ファイル」>「ファイルを添付」の順に選択します。

メッセージにファイルが添付されている場合は、クリップのアイコンが表示されます。

受信した添付ファイルを開くには、ファイルをダブルクリックします。メッセージウインドウの外側に添付ファイルをドラッグするか、「ファイル」>「添付ファイルを保存」の順に選択してもかまいません。

OS X Yosemite および iOS 9.2 のメールから、ビデオ、プレゼンテーション、画像を入れたフォルダなどの大容量のファイル (メッセージ 1 件につき最大 5 GB) を送信できるようになりました。プロバイダのファイルサイズ制限を気にする必要はありません。これは、Mail Drop という機能です。メール App を使い、デバイスで iCloud にサインインしていれば、メールサービスを問わずお使いいただけます。Mail Drop は大容量の添付ファイルを自動的に iCloud にアップロードします。受け取る人がメール App を使っていれば、メッセージの一部として添付ファイルが届きます。別の App や Web メールを使っている相手には、添付ファイルのダウンロード用のリンクが届きます。「送信」をクリックするだけで、あとはメール App が処理してくれます。添付ファイルは 30 日間保管され、iCloud のストレージ使用量としてはカウントされません。

メールを整理する

メールボックスを作成してメッセージを整理できます。メールボックスは、Finder のフォルダのようなものです。

メールボックスを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. メールで、「メールボックス」>「新規メールボックス」の順に選択します。
  2. 表示される画面で、メールボックスの場所を選択します。
    • 「この Mac 内」を選択すると、Mac 上にメールボックスが作成されます。
    • メールサービス (iCloud など) を選択すると、任意のデバイスからアクセスしてメールをチェックできるメールボックスが作成されます。
  3. メールボックスに名前を付けて、「OK」をクリックします。

メールボックスはすべてサイドバーに表示されます。サイドバーが表示されていない場合は、お気に入りバーの「メールボックス」ボタンをクリックするか、「表示」>「メールボックスリストを表示」の順に選択してください。以下のいずれかの方法で、メッセージをメールボックスに移動できます。

  • メッセージをメールボックスにドラッグします。
  • メッセージを表示しているときは、メニューバーの「メッセージ」メニューから「移動」または「コピー」を選択します。 
  • メッセージリストで「control」キーを押しながらメッセージをクリックして、表示されるショートカットメニューから「移動」または「コピー」を選択します。
  • メールの環境設定の「ルール」機能を使って、指定した条件に基づいてメッセージを移動するルールを作成します。 

メールウインドウの検索フィールドを使って、送信者、件名、添付ファイルなどで検索します。検索範囲を絞り込む場合は、文字入力すると表示されるメニューの中から適切なオプションを選択します。さらに、探しているメッセージに関連する名前や用語を入力することもできます。「人名」または「件名」などの検索トークンを選択すると、メール内の該当フィールドだけが検索対象となります。また、特定のメールボックスだけを検索対象にするには、メールボックスのサイドバーやお気に入りバーからそのメールボックスを選択します。

関連情報

Mac の内蔵ヘルプで、メールについての詳しい情報を調べることができます。メールを開き、画面の上部にある「ヘルプ」メニューをクリックします。メールに関して知りたいトピックを検索するか、探しているメールのメニュー項目を検索します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: