Mac でメールを使う

Mac でメール App を使ってメールを新規作成、返信、整理する方法をご説明します。ファイルを添付してマークアップすることもできます。

メールアカウントを追加する

メールアカウントを設定していない場合は、メール App を開くと、メールアカウントを追加するように案内してくれます。

別のアカウントを追加するには、メール App のメニューバーから「メール」>「アカウントを追加」の順に選択します。または、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「インターネットアカウント」をクリックし、追加するアカウントの種類をクリックします。

  • アカウントを追加する際に、アカウントプロバイダが Safari での認証手続きを求めているというメッセージが表示される場合は、Safari のウインドウでサインイン手順を実行してください。
  • 必要に応じて、追加の設定情報の入力画面が表示される場合があります。

メールアカウントを追加または削除する方法については、こちらを参照してください。


送信/返信する

新規メッセージの作成方法、返信方法、転送方法をご説明します。

新規メッセージを送信する

  1. メールのツールバーで新規メッセージのボタン をクリックするか、「ファイル」>「新規メッセージ」の順に選択します。
  2. 「宛先」フィールドに、名前、メールアドレス、またはグループ名を入力します。Mac や、iCloud にサインインしているデバイス上の連絡先情報やメッセージに基づいて、宛先の候補が表示されます。1
  3. メッセージの件名を入力します。
  4. メッセージの本体に、伝えたい内容を書きます。 
    • ファイルを添付するには、添付ファイルをメッセージの本体にドラッグするか、「ファイル」>「ファイルを添付」の順に選択し、添付するファイルを選択してから「ファイルを選択」をクリックします。
    • フォントや書式を変更するには、メッセージウインドウの上部にあるオプションを使います。
    • macOS Mojave では、今までよりずっと簡単に絵文字をメッセージに追加できるようになりました。メッセージウインドウの上部にあるツールバーの絵文字や記号のボタン をクリックして、文字ビューアから絵文字やほかの記号を選択してください。
  5. メッセージを送信または保存します。
    • 送信するには、「送信」ボタン をクリックするか、「メッセージ」>「送信」の順に選択します。
    • メッセージを後で送るため下書きとして保存しておくには、メッセージを閉じて、「保存」をクリックします。

返信/転送する

  • 1 人の宛先に返信するには、「返信」 をクリックし、返信内容を入力してから「送信」 をクリックします。

  • グループメールの全員に返信するには、「全員に返信」 をクリックし、返信内容を入力してから「送信」 をクリックします。

  • メッセージをほかの人に転送するには、「転送」 をクリックし、返信内容を入力してから「送信」 をクリックします。


メールをフォルダに振り分けたり、複数の検索オプションを使って、特定のメッセージを探したりできます。

「メールボックス」サイドバー

フォルダを作成する

メールボックスを作成して、メールをフォルダに整理できます。

  1. メール App を開いて、メニューバーから「メールボックス」>「新規メールボックス」の順に選択します。
  2. 表示されるダイアログで、メールボックスの場所を選択します。
    • ほかのデバイス (同じメールアカウントにサインインしている iPhone など) のメールボックスにアクセスするには、メールサービス (「iCloud」など) を選択します。
    • Mac 上にしかないメールボックスにアクセスするには、「この Mac 内」を選択します。
  3. メールボックスに名前を付けて、「OK」をクリックします。

メールボックスのサイドバーが表示されない場合は、「表示」>「メールボックスリストを表示」の順に選択してください。メールアカウントのメールボックスの表示/非表示を切り替えるには、サイドバーの該当するセクションの上にポインタを移動し、「表示」または「非表示」をクリックします。

メールを並べ替える

「受信」ボックスから特定のメールボックスにメッセージを移動するには、以下の手順を実行してください。

  • サイドバーのそのメールボックスの上にメッセージをドラッグします。
  • macOS Mojave では、メッセージを選択してから、メール App のツールバーの「 移動」ボタンをクリックして、候補のメールボックスにそのメッセージを移動できます。メールボックスの候補は、以前似たようなメッセージを振り分けた場所に基づいて決められるので、メッセージを整理するほど、思い通りに提案してくれるようになります。

メッセージを削除するには、メッセージを選択してから「delete」キーを押します。

メッセージを特定のメールボックスに自動で振り分けるには、ルールを使います

検索

メールウインドウの「検索」フィールドを使って、差出人、件名、添付ファイルの有無などで検索できます。検索範囲を絞り込む場合は、文字入力すると表示されるメニューの中から適切なオプションを選択します。

メールの「検索」フィールド


ファイルを添付してマークアップする

書類やファイルをメッセージに添付して、マークアップ機能を使って注釈を書き入れたり、署名を加えたりすることができます。

ファイルを添付する

メッセージにファイルを添付するには、以下の手順を実行してください。

  • 添付ファイルをメッセージの本体にドラッグします。
  • 「ファイル」>「ファイルを添付」の順に選択し、添付するファイルを選択してから「ファイルを選択」をクリックします。

添付ファイルでマークアップ機能を使う

マークアップ機能を使えば、添付ファイル (画像や PDF 書類) に直接、図を描き入れたり文字を入力したりできます。2

  1. メッセージウインドウで「添付」ボタン をクリックするか、「ファイル」>「ファイルを添付」の順に選択します。
  2. 添付するファイルを選択し、「ファイルを選択」をクリックします。 
  3. 添付画像の右上隅に表示されるメニューアイコン をクリックして、「マークアップ」を選択します。
    • スケッチツール を使うと、フリーハンドで線を引くことができます。
    • シェイプツール を使うと、四角形、楕円形、直線、矢印などの形状を追加できます。
    • 「シェイプ」メニューにある拡大ツール を使うと、添付ファイルの一部を拡大してわかりやすく表示することができます。
    • テキストツール を使って、テキストを追加できます。
    • 署名ツール を使って、署名を追加できます。
  4. 「終了」をクリックします。

マークアップ画面


関連情報

  • Mac のメール App について詳しくは、こちらを参照してください。
  • Mail Drop を使えば、大きいファイルを送信できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • Mac でメールを送受信できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • Apple サポートの問い合わせ窓口については、こちらの記事をご覧ください。

1. 同じ Apple ID で iCloud にサインインしているすべてのデバイスで連絡先が共有されます。それらのデバイスで過去に送受信されたメッセージの宛先に入っていた連絡先も、候補になります。この機能を管理するには、iCloud の設定画面で「連絡先」のオン/オフを切り替えます。Mac では、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。iOS デバイスでは、「設定」を開き、画面の上部に表示される自分の名前をタップしてから、「iCloud」をタップします。

2. マークアップ機能は、OS X Yosemite 以降で利用できます。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: