スローモーションビデオを iPhone、iPad、または iPod touch から Mac または Windows パソコンに読み込んだ場合

iOS デバイスからスローモーションビデオを読み込むときに使うソフトウェアによって、ほかの App でそのビデオがどのように再生されるかが違ってくる場合があります。

以下に紹介する App を使って、iPhone、iPad、または iPod touch からスローモーションのビデオを読み込むことができます。ムービーの読み込みに使う App によって、そのムービーを再生または編集する際のビデオ中のスローモーションの扱いが違ってきます。以下から App を選択して、詳しく検討してください。

iMovie

  • デフォルトでは、スローモーションビデオは、プロジェクトに追加されない限り、最大速度で再生されます。この設定は、「iMovie」>「環境設定」で変更できます。
    240 fps (1 秒あたりのフレーム数) で撮影したスローモーションビデオを iMovie で表示する方法については、こちらの記事を参照してください。

写真

  • 写真 App にスローモーションビデオを読み込んだ場合は、スピードの変化が再現されます。

iPhoto および Aperture

  • スローモーション (slo-mo) ビデオを iPhoto または Aperture に読み込んだ場合、スピードの変化は再現されず、ビデオ全体が一律に最低速度で読み込まれます。

OS X Yosemite 以降のイメージキャプチャ

  • イメージキャプチャでスローモーションビデオを読み込んだ場合は、スピードの変化が再現されます。ビデオの再生に使う App (QuickTime Player X など) がスローモーションに対応していれば、元通りにスロー再生されます。
    スローモーションの情報は、ムービーと一緒に読み込まれる .AAE ファイルに記録されています。

OS X Mavericks 以前のイメージキャプチャ

  • イメージキャプチャで読み込んだスローモーションビデオは、スピードの変化が再現されず、ビデオ全体が一律で最大速度で読み込まれます。

Windows

  • Windows では、スローモーションビデオのスピードの変化は再現されません。再生時の速度は、再生に使う App によって異なります。

その他の方法

編集後のムービーを Mac または Windows パソコンで再生したい場合、編集済みのバージョンが自動的に読み込まれるわけではないため、次のように対処します。

  • AirDrop またはメールでムービーを自分宛てに送ります。
  • または、iCloud フォトライブラリを有効にしている場合は、フォトライブラリの Web App (iCloud.com) からダウンロードします。

いずれの方法でも、編集後のムービーのコピーがコンピュータに保存されますが、このコピーを未編集の元の状態に戻すことはできません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: Tue Dec 01 02:30:14 GMT 2015