iPhone、iPad、または iPod touch でパスコードを使う

iOS デバイスでパスコードを設定、使用、および変更する方法を説明します。

iOS デバイスにパスコードを設定しておくと、データの保護に役立ちます (デバイスが Touch ID に対応している場合は、パスコードの代わりに指紋を使えます)。デバイスで以下の操作をする際には、パスコードの入力が必要になります。

  • デバイスの電源を入れる、または再起動する
  • スライドして画面のロックを解除する (これについては変更できます)
  • ソフトウェアをアップデートする

  • デバイスのデータを消去する
  • パスコード設定を表示または変更する
  • iOS 構成プロファイルをインストールする

パスコードを設定する

  1. 「設定」>「Touch ID とパスコード」の順に選択します。Touch ID に対応していないデバイスでは、「設定」>「パスコード」の順に選択します。
  2. 「パスコードをオンにする」をタップします。
  3. 6 桁のパスコードを入力します。または、「パスコードオプション」をタップして、4 桁の数字コード、カスタムの数字コード、またはカスタムの英数字コードに切り替えます。
  4. パスコードをもう一度入力して確定し、有効にします。

パスコードまたはパスコード設定を変更する

「設定」>「Touch ID とパスコード」の順に選択します。Touch ID に対応していないデバイスでは、「設定」>「パスコード」の順に選択します。

設定項目やオプションがいくつか表示されます。

  • パスコードをオフにする:このオプションをタップして、パスコードをオフに切り替えます。
  • パスコードを変更:新しい 6 桁のパスコードを入力します。または、「パスコードオプション」をタップして、4 桁の数字コード、カスタムの数字コード、またはカスタムの英数字コードに切り替えます。
  • パスコードを要求:デフォルトの設定では、画面がロックされた直後から、ロック解除にはパスコードの入力が必要になります。パスコードの入力をすぐに必須にしたくない場合は、この設定を変更してください (セキュリティ上の理由から、Touch ID または Apple Pay をご利用の場合は、「パスコードを要求」を「即時」から変更できなくなっています)。
  • ロック中にアクセスを許可:このオプションを使って、デバイスがロックされているときでも一部の機能 (「通知」ビューSiri、およびコントロールセンターなど) を使えるようにするかどうかを指定します。
  • データを消去:パスコードの入力を 10 回間違えたら、デバイスのデータを自動的に消去するかどうかを選択します。

サポート情報

パスコード設定や警告メッセージについてお困りの場合や、パスコードを忘れてしまった場合は、このセクションで紹介している手順で対処してください。

パスコードの変更を案内する警告メッセージが表示される場合やパスコード設定を調整できない場合

構成プロファイルや Microsoft Exchange に基づくメールアカウント (企業や教育機関のデバイスでよく利用されます) では、パスコードについてポリシーが定められていて、それが理由で以下のような問題が起きることがあります。

  • パスコードをオフにすることができない。
  • パスコード設定がグレイ表示されるなど、利用できないため、変更できない。
  • パスコードを変更するように案内する警告メッセージが表示される。


詳しくは、IT 管理者にお問い合わせください。構成プロファイルまたは Microsoft Exchange アカウントをご利用でない場合、またはデバイスを個人で所有している場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

パスコードを忘れてしまった場合

自分またはほかの人が間違ったパスコードを何度も入力すると、デバイスが一時的に使えない状態になります。その場合は、パスコードを忘れた場合やデバイスを使用できなくなった場合の対処法についてこちらの記事でご確認ください。または、機能制限のパスコードを忘れた場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

最終更新日: