Time Machine のローカルスナップショットについて

Time Machine では、ファイルを Mac 上にあるそのファイルのローカルスナップショットから復元できるので、たとえ Time Machine のバックアップディスクが使えなくても大丈夫です。

Time Machine のバックアップディスクは常に使えるとは限りません。そのため、一部のバックアップは Mac にも保管されています。こうしたバックアップを「ローカルスナップショット」と呼んでいます。

ローカルスナップショットの使い方

Time Machine に入った時点でバックアップディスクが使えない場合は、自動的にローカルスナップショットがファイルの復元に使われます。バックアップディスクを再接続すると、ほかのバックアップが使えるようになります。

Time Machine ウインドウ

ローカルスナップショットによるストレージ消費について

ローカルスナップショットが消費しているストレージ容量について心配する必要はありません。ファイルのダウンロード、ファイルのコピー、新しいソフトウェアのインストールなどのタスクに必要な容量が使われてしまうことはないからです。

スナップショットが消費している容量は、Mac では空き容量に算入されます。その上さらに、Time Machine は空き容量の多いディスクにしかローカルスナップショットを保存しないようになっているほか、スナップショットが古くなったり、ほかのことに容量が必要になったりした場合は、自動的にスナップショットを削除してくれます。

ローカルスナップショットを手動で削除したい場合は、一時的に Time Machine をオフにしてください。

  1. メニューバーの Time Machine メニュー から Time Machine の環境設定を開きます。または、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「Time Machine」をクリックします。
  2. 「バックアップを自動作成」の選択を解除するか、「切/入」スイッチをクリックします (Time Machine の環境設定に表示される設定項目によって異なります)。
  3. 数分経つと、ローカルスナップショットが削除されます。その後、Time Machine を再び有効にしてください。バックアップディスクは以前のまま記憶されています。

ローカルスナップショットの保存頻度

Time Machine は、起動ディスクのスナップショットを約 1 時間おきに 1 個保存し、24 時間保管します。さらに、容量が不足しない限り、最後に正常に作成された Time Machine バックアップのスナップショットを保管します。また、High Sierra 以降では、macOS のアップデートをインストールする前にも別途スナップショットが保存されます。

公開日: