macOS でユーザアカウントを非表示にする

ユーザをサポートする必要があり、そのユーザがログインするときに自分のユーザアカウントを見られたくない場合などに、macOS のログインウインドウでユーザアカウントを非表示にする方法をご案内します。

この記事は、システム管理者を読者として想定しています。ここで紹介している問題が自分にも影響があると思われる場合は、勤務先または学校のシステム管理者にお問い合わせください。

macOS のログインウインドウでユーザアカウントを非表示にする

1. 管理者アカウントでログインします。

2. 次のターミナルコマンドを使います。「 hiddenuser」の部分は、非表示にしたいアカウントのショートネームに置き換えてください。

sudo dscl . create /Users/hiddenuser IsHidden 1

該当するユーザアカウントは、次回システム環境設定を開いたときに、システム環境設定でも非表示になります。このコマンドは、ゲストユーザアカウントには使用できません。ゲストユーザアカウントの管理方法については、こちらを参照してください。

FileVault が有効になっている場合は、コンピュータの電源を入れた後や再起動した後の初回のログインウインドウに非表示のユーザが表示されることがあります。 

非表示にしたユーザアカウントを表示する

非表示にしたユーザを再びログインウインドウに表示したくなった場合は、そのユーザの IsHidden 属性を 0 に設定します。

sudo dscl . create /Users/hiddenuser IsHidden 0

必要に応じて、IsHidden 属性自体を削除してしまうこともできます。

ホームディレクトリや共有ポイントを非表示にする

次のコマンドは、「/Users/hiddenuser」ホームディレクトリを非表示にします。

sudo chflags hidden /Users/hiddenuser

次のコマンドは、ロングネームが「Hidden User」であるユーザの「パブリック」フォルダの共有ポイントを削除します。

sudo dscl . delete "/SharePoints/Hidden User’s Public Folder"
公開日: