バックアップから Mac を復元する

Time Machine バックアップから Mac にファイルをすべて転送する方法をご案内します。

Time Machine を使って Mac のバックアップを作成してある場合は、そのバックアップからファイルを復元できます。Mac からファイルを削除してしまった後や、Mac のハードディスク (または SSD) を (修理の際などに) 消去または交換した後で、復元が必要になる場合が考えられます。

Time Machine バックアップから復元する

Time Machine バックアップから復元する場合、ファイルをすべて復元するか、Mac オペレーティングシステム (macOS) とすべてのファイルを両方とも復元するかを選択できます。

ファイルをすべて復元する

  1. Time Machine のバックアップディスクが接続されていて、電源が入っていることを確認した上で、Mac の電源を入れます。
    • Mac が起動して設定アシスタントが表示され、国、キーボード、ネットワークなどの詳細情報の入力を求められる場合は、手順 2 に進んでください。
    • Mac が起動して Finder が表示される場合は、移行アシスタントを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。移行アシスタントのウインドウの「続ける」をクリックして、手順 2 に進んでください。
    • Mac がまったく起動しない場合や、バックアップを作成したときに使った macOS も合わせて復元したい場合は、macOS とファイルの両方を復元する手順を実行してください。
  2. 情報の転送方法を確認する画面では、Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから転送するオプションを選択します。「続ける」をクリックします。
    移行アシスタントのウインドウ
  3. Time Machine バックアップを選択してから「続ける」をクリックします。
    移行アシスタントのウインドウ
  4. 日時別にバックアップをまとめたリストから選択する画面が表示されたら、バックアップを選択して「続ける」をクリックします。
    移行アシスタントのウインドウ
  5. 転送する情報を選択し、「続ける」をクリックすると、転送が開始します。この画面の見え方は、Mac によって異なります。
    移行アシスタントのウインドウ
  6. コンテンツがたくさんある場合は、転送が終わるまで数時間かかることがあります。転送が終わったら、Mac を再起動して、移行後のアカウントにログインし、ファイルを確認してください。

macOS とファイルを両方とも復元する

以下に紹介する手順では、ハードディスクを消去してから、バックアップを使って、ファイルに加えて、そのバックアップの作成時に使っていた特定のバージョンの macOS を合わせて復元します。

  1. Time Machine バックアップディスクが接続され、その電源が入っていることを確認します。
  2. Mac の電源を入れ、その直後に「command (⌘) + R」キーを押して macOS 復元から起動します。
  3. macOS ユーティリティのウインドウが表示されたら、Time Machine バックアップから復元するオプションを選択します。
  4. 「続ける」をクリックし、次の画面で再び「続ける」をクリックします。
  5. Time Machine バックアップディスクを復元元として選択し、「続ける」をクリックします。
    バックアップディスクが暗号化されている場合は、ディスクのロックを解除するように案内されます。Time Machine を設定した際に使った管理者パスワードを入力し、「続ける」をクリックしてください。
  6. バックアップを選択し、「続ける」をクリックします。
  7. バックアップのコンテンツを受け取る側の Mac のハードディスク (またはほかの復元先ディスク) を選択し、「復元」または「続ける」をクリックします。
    Mac で FileVault が有効になっている場合は、ディスクのロックを解除するように案内されます。Mac の管理者パスワードを入力して、「復元」をクリックします。
  8. 終わったら、Mac を再起動します。 

特定のファイルを復元する

Time Machine を使って、古いバージョンのファイルなど、特定のファイルを復元する方法については、こちらの記事を参照してください。


関連情報

公開日: