バックアップから Mac を復元する

移行アシスタントを使って、Time Machine のバックアップから Mac にファイルを転送する方法をご案内します。

Time Machine で Mac のバックアップを作成してある場合は、移行アシスタントでそのバックアップを使って、個人的なファイル (App や、ユーザアカウントに保存してあるあらゆる情報) を復元できます。

ファイルを数個だけ復元したい場合や、一部のファイルの古いバージョンを復元したい場合は、Time Machine を使って特定のファイルを復元する方法をこちらの記事でご確認ください。

移行アシスタントを使う

  1. macOS を再インストールする必要がある場合は、この先に進む前に、再インストールを済ませておいてください。たとえば、Mac を起動すると疑問符が点滅して表示される場合は、先に macOS の再インストールが必要です。
  2. Time Machine のバックアップディスクが Mac に接続され、電源が入っていることを確認します。
  3. Mac で移行アシスタントを開きます。「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります。
    Mac を起動すると設定アシスタントが開き、国やネットワークなどの詳細情報の設定画面が表示される場合は、設定アシスタントに移行アシスタントも含まれているので、そのまま次の手順に進んでください。
  4. 情報の転送方法を確認する画面では、Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから転送するオプションを選択します。「続ける」をクリックします。
    移行アシスタント:情報の転送方法を選択してください。
  5. Time Machine バックアップを選択してから「続ける」をクリックします。
    移行アシスタント:移行元の選択
  6. バックアップを選択して「続ける」をクリックします。
    移行アシスタント:バックアップの選択
  7. 転送する情報を選択します。

    この例では、John Appleseed が macOS ユーザアカウントです。同じ名前のアカウントがすでに Mac 上にある場合は、古いアカウントの名前を変更するか、Mac 上のアカウントを古いアカウントで置き換えるかの選択肢が提示されます。名前を変更する場合は、古いアカウントが Mac 上で別のユーザアカウントとして表示され、ホームフォルダもログインも別々になります。置き換える場合は、Mac 上のアカウントが削除され、古いアカウントで置き換えられます。ホームフォルダの中身も全部入れ替わります。
    移行アシスタント:転送する情報を選択
  8. 「続ける」をクリックすると、転送が始まります。転送量が多いと、終わるまで数時間かかる場合があります。  


サポートが必要な場合は、Apple サポートにお問い合わせください。


関連情報

  • Time Machine で復元できない場合は、こちらの記事を参照してください。
  • Mac が最後まで起動しない場合は、こちらの記事を参照してください。
公開日: