iOS 8 にアップデートすると Logic Remote で Mac に接続できなくなる

iPad を iOS 8 にアップグレードした後で、Logic Pro X、Mac 用 GarageBand (v10.0 以降)、または MainStage 3 を実行している Mac に Logic Remote で接続できません。

この問題を解決するには、まず、最新バージョンの Logic Remote を実行しているか確認してください。確認の際には、iPad で App Store へのログインに使っている Apple ID が、Logic Remote のダウンロード時に使ったものと同じであることを確かめます。App Store で「アップデート」をタップし、Logic Remote が提供されている場合はインストールしてください。

お使いの Logic Remote が最新バージョンの場合でも問題が起きている場合は、以下の手順で対処してください。

Logic Pro X 

  1. Logic Pro X が実行中の場合は終了します。
  2. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  3. 「~/Library/Preferences 」と入力して「移動」をクリックします。
  4. 開いたウインドウで、「com.apple.logic.pro.cs」ファイルを探して削除します。
  5. Mac を再起動します。
  6. Logic Pro X を開きます。
  7. iPad で Logic Remote を開きます。
  8. iPad の「接続」ウインドウで Logic Pro X をタップします。
  9. Logic Pro X で、Logic Remote との接続の確認ダイアログが表示されたら、接続を確定します。

Mac 用 GarageBand (v10.0 以降)

  1. GarageBand X が実行中の場合は終了します。
  2. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  3. 「~/Library/Containers/com.apple.garageband10/Data/Library/Preferences/」と入力して「移動」をクリックします。
  4. 開いたウインドウで、「com.apple.garageband10.cs」ファイルを探して削除します。
  5. Mac を再起動します。
  6. GarageBand X を開きます。
  7. iPad で Logic Remote を開きます。
  8. iPad の「接続」ウインドウで GarageBand X をタップします。
  9. GarageBand X で、Logic Remote との接続の確認ダイアログが表示されたら、接続を確定します。
公開日: