登録してあるお支払い方法を削除できない場合やお支払い方法を指定せずに Apple ID を作成できない場合

App Store、iTunes Store などで、お支払い方法を指定しないと Apple ID を使えない場合、その理由についてご説明します。

お支払い情報を入力せずに Apple ID を作成することや、既存の Apple ID からお支払い方法を削除することができない場合、その理由はいくつか考えられます。

既存の Apple ID を App Store ではじめて使う場合など、状況によっては、お支払い情報の指定が必要です。

指定したのに Apple ID を使えない場合や、お支払い方法を指定せずに新しい Apple ID を作成する場合は、以下の手順を試してください。そうした場合は、下記のいずれかの状況であると考えられます。各手順を試したら、そのつど Apple ID を使えるようになったか、またはお支払い方法を指定せずに新しい Apple ID を作成できるようになったか確認してください。

明細書の請求金額に覚えがないため、お支払い方法を削除しようとしている場合は、まず、見覚えのない請求額が何かを調べてください。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

サブスクリプションを確認する

定額制サービスに申し込んでいる場合 (サブスクリプション)、少なくとも 1 つはお支払い方法を登録しておく必要があります。そのサービスを引き続き楽しみたい場合は、お支払い方法を変更できます。お支払い方法をすべて削除したい場合は、定額制サービスを解約し、iCloud ストレージプランをダウングレードする形で対処できます。その前に、iCloud 以外の手段でデバイスのバックアップを作成しておくことをお勧めします。

定額制サービスの有効期間が切れてから、お支払い方法をあらためて削除してみてください。

 

購入コンテンツの共有機能を無効にする

ファミリー共有を設定している場合は、ファミリーオーガナイザー (管理者) がお支払い方法を登録し、家族が購入したコンテンツや申し込んだサービスの代金をすべて支払う必要があります。

ファミリーオーガナイザー (管理者) が Apple ID からお支払い方法を削除したくなった場合は、まず、購入コンテンツの共有機能を無効にしてください。「設定」>「[ユーザ名]」>「ファミリー共有」>「購入コンテンツを共有」の順にタップし、「購入アイテムを共有」をタップして、購入コンテンツの共有機能を無効にします。

 

国や地域を変更する

実際にその場にいない国や地域の Apple ID を作成しようとしている場合や、既存の Apple ID を新しい国や地域に変更しようとしている場合 (引っ越した場合) は、新しい国または地域で有効なお支払い方法を登録する必要があります。

国や地域を変更する際に、ギフトカードや Apple ID の残高をお支払い方法として使うことはできません。

Apple ID の国や地域を変更する方法については、こちらの記事を参照してください。国や地域を変更した後で、お支払い方法を削除することもできます。

 

未払い残高を支払う

未払いの残高がある場合は、お支払い方法を削除できません。未払いの残高を支払う方法や、お支払い方法の問題を解決する方法については、こちらの記事を参照してください。

未払いの残高を支払ったら、お支払い方法を削除できるようになります。

 

さらにヘルプが必要なときは

上記の手順を試しても登録してあるお支払い方法を削除できないなど、お支払い方法を削除できない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

公開日: