Logic Pro X:Scripter の Harpeggiator と Note Stepper プラグイン設定が動作しない

Harpeggiator または Note Stepper の Scripter プリセットを読み込むと、Scripter プラグインが MIDI を処理できなくなり、このプラグインの実行時にスクリプトエディタにエラーが表示されることがあります。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Harpeggiator

Harpeggiator プリセットについては、回避策として以下の手順を実行します。

  1. ソフトウェア音源のチャンネルストリップで、利用可能な MIDI FX スロットに Scripter を挿入します。
  2. Scripter のプラグインウインドウを開き、Harpeggiator プラグインのプリセットを読み込みます。
  3. 「Open in Script Editor (スクリプトエディタで開く)」ボタンをクリックします。
  4. スクリプトエディタウィンドウ上部の内側をクリックしてフォーカスを移してから、スクリプト全体を選択します (command + A)。
  5. スクリプトをクリップボードにコピーします (command + C)。
  6. テキストエディットまたはほかのテキストエディタを開き、クリップボードの内容を新しい書類にペーストします (command + V)。
  7. テキストエディタの検索機能を使用して、すべての GetParameter("Beat division") を GetParameter("Beat Division") に置き換えます。このテキストは大文字と小文字が区別されます。
  8. この書類内のすべてのテキストを選択し (command + A)、選択したテキストをクリップボードにコピーします。
  9. スクリプトエディタのウインドウで、スクリプトのテキストがまだすべて選択されていることを確認し、クリップボードの内容をウインドウにペーストします。
  10. スクリプトエディタを終了します。
  11. Scripter プラグインのウインドウで「プリセット」>「別名で保存」を選択します。プリセットを「Harpeggiator.pst」というファイル名でデスクトップに保存します。
  12. Logic Pro X を終了します。
  13. デスクトップから Harpeggiator.pst を「/ライブラリ/Application Support/Logic/Plug-In Settings/Scripter/」にコピーします。管理者パスワードの入力を求められます。

Note Stepper

Note Stepper プリセットについては、回避策として以下の手順を実行します。

  1. ソフトウェア音源のチャンネルストリップで、利用可能な MIDI FX スロットに Scripter を挿入します。
  2. Scripter のプラグインウインドウを開き、Note Stepper プラグインのプリセットを読み込みます。
  3. 「Open in Script Editor (スクリプトエディタで開く)」ボタンをクリックします。
  4. スクリプトエディタウィンドウ上部の内側をクリックしてフォーカスを移してから、スクリプト全体を選択します (command + A)。
  5. スクリプトをクリップボードにコピーします (command + C)。
  6. テキストエディットまたはほかのテキストエディタを開き、クリップボードの内容を新しい書類にペーストします (command + V)。
  7. テキストエディタの検索機能を使用して、以下のテキストをすべて検索して置換します。大文字と小文字は区別されます。
    • すべての GetParameter("global reset via key") を GetParameter("Global Reset Via Key") で置き換えます。
    • すべての GetParameter("reset on new note") を GetParameter("Reset On New note") で置き換えます。
    • すべての GetParameter("step size") を GetParameter("Step Size") で置き換えます。
    • すべての GetParameter("max steps") を GetParameter("Max Steps") で置き換えます。
  8. この書類内のすべてのテキストを選択し (command + A)、選択したテキストをクリップボードにコピーします。
  9. スクリプトエディタのウインドウで、スクリプトのテキストがまだすべて選択されていることを確認し、クリップボードの内容をウインドウにペーストします。
  10. スクリプトエディタを終了します。
  11. Scripter プラグインのウインドウで「プリセット」>「別名で保存」を選択します。プリセットを「Note Stepper.pst」というファイル名でデスクトップに保存します。
  12. Logic Pro X を終了します。
  13. デスクトップから Note Stepper.pst を「/ライブラリ/Application Support/Logic/Plug-In Settings/Scripter/」にコピーします。管理者パスワードの入力を求められます。

本ドキュメントは、新しい情報が入り次第、更新されます。

公開日: