macOS 復元、セーフモード、ゲストユーザモードでグラフィックスのパフォーマンスが低下する

Mac が macOS 復元またはセーフモードで起動しているときや、ゲストユーザとしてログインしているときは、Mac のグラフィックスのパフォーマンスは制限されます。

Mac には特別な起動モードがあり、諸問題の切り分けや解決に役立てることができます。macOS 復元から起動して、その修復ユーティリティや復元ユーティリティを使ったり、セーフモードを使って、Mac の起動を妨げている問題の解決に役立てたりすることができます。また、たまにしか使わないユーザにゲストとして Mac へのログインを認めることもできます。

どのモードでも、Mac のグラフィックスパフォーマンスは制限されます。これは正常な動作です。Mac を再起動するか、通常のユーザアカウントにログインするまで、グラフィックスパフォーマンスに以下のような相違点が認められる場合があります。

  • ウインドウの切り替え中またはウインドウのドラッグ中に画面が垂直に分割される。
  • 画面上のスクロールバーや Safari の進捗状況バーなどの領域が点滅するまたはちらつく。
  • ビデオのパフォーマンスが全体的に低下する。
  • 全体的にグラフィックスが歪む、または映像の表示が異常になる。
公開日: