OSX Mavericks:ことえりを使って日本語を入力すると、間違った文字が入力されることがある

Mavericks で複数の入力ソースが選択されていると、以下のような現象が認められる場合があります。

  • ことえりと別の言語が両方ともキーボードの入力ソースとして設定されていると、JIS (日本工業規格) のキーボード設定通りに文字が入力されない。
  • スクリーンセーバのパスワードを正確に入力したつもりなのに、パスワードが拒否される。
この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

OS X Mavericks のことえりでは、日本語文字を入力する際にラテン文字のキーボードレイアウトが使われます。このため、入力ソースとして複数の言語が設定されていると、キーボードのレイアウトにズレが生じます。たとえば、ことえりとフランス語が両方とも入力ソースとして設定されている場合、日本語のキーボードで「Q」キーを押すと「A」と入力されます。 

この問題に対処するには、システム環境設定の「キーボード」パネルの「入力ソース」タブで、日本語以外の言語を削除してください。

公開日: