iPhone、iPad、iPod touch のマイクに問題がある場合

デバイスのマイクに問題がある場合は、以下の手順で対処してください。たとえば、音声通話や FaceTime 通話の際に声が聞き取りづらかったり、Siri で音声が認識されなかったりする場合が考えられます。

iOS デバイスでは、通話中、FaceTime や Siri の使用時、または録音したオーディオの再生時に、次のような問題が生じることがあります。

  • 電話中または FaceTime 通話中に、こちらの声が相手に聞こえない
  • 電話中または FaceTime 通話中に、相手がこちらの声を聞き取りにくい
  • Siri が、話しかけても音声を認識できない
  • 録音したオーディオの再生中に音がよく聞こえない、またはまったく聞こえない

デバイスのマイクをテストする

問題があるのはデバイスのマイクであり、モバイルデータ通信接続やお使いの App には問題がないことを確かめるために、各マイクをテストしてください。マイクの位置はデバイスによって異なります。お使いの製品の技術仕様を参照し、マイクの位置をご確認ください。

iPhone

iPhone は複数のマイクを搭載しています。

iPhone の底部に内蔵されているメインのマイクをテストするには、ボイスメモを開いて録音ボタンをタップします。マイクに向かって話しかけ、再生アイコンをタップして録音内容を再生します。自分の声がはっきり聞こえるか確認してください。

通話中にスピーカーフォンを使うと声が聞こえにくい場合は、iPhone のレシーバーが遮られたり覆われていたりしないか確認してください。

撮影した動画の音声が聞こえにくい場合や、Siri が音声を認識しない場合は、iPhone の上部背面の隅にある iSight カメラ付近のカメラとレシーバーが遮られたり覆われていたりしないか確認してください。

iPad

iPad のマイクをテストするには、カメラ App で動画を撮影してから、撮影した動画を再生します。FaceTime を使ってビデオ通話や音声通話をかけて音質をテストすることもできます。

iPod touch

iPod touch のマイクをテストするには、ボイスメモを開きます。録音アイコンをタップしてマイクに話しかけ、再生アイコンをタップして録音内容を再生します。自分の声がはっきり聞こえるか確認してください。

サポート情報

デバイスのマイクをテストしても問題が解決しない場合は、以下の手順をお試しください。

  1. ヘッドセットジャックに接続されているアクセサリがあれば外します。
  2. デバイスを持ったり動画を撮影したりする際に、マイクと iSight マイクを指で押さえないようにします。
  3. 画面の保護シート、フィルム、ケースがマイク、iSight マイク、または iPhone のレシーバーにかかっている場合は、取り外します。
  4. マイクや iPhone のレシーバーに埃などがあれば掃除します。マイクの位置については、お使いのデバイスのユーザガイドを参照してください。
  5. デバイスを再起動します。
  6. 最新バージョンの iOS がインストールされていることを確認します。

上記の手順を試しても、電話や FaceTime 通話の相手にこちらの声が聞こえない場合、Siri に話しかけても認識されない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: