iCloud バックアップから iOS デバイスを復元後に情報がなくなった場合

iCloud バックアップから iPhone、iPad、iPod touch を復元したら、情報がなくなっていることに気づいたことはありませんか? 以下、詳しくご説明します。 

まず確認していただきたいこと

  • iCloud バックアップから iOS デバイスを正しく復元できているか確かめてください。iCloud にサインインすることと、iCloud バックアップから復元することは、同じではありません。iCloud バックアップから復元する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • なくなった情報が iCloud バックアップの対象かどうかを確認してください。iPhone のバックアップから iPad を復元する場合、またはその逆の復元を行う場合は、復元されないデータが一部あります。
  • 復元中に App から Apple ID のパスワードの入力を求められた場合は、必ず入力してください。iTunes などの一部の App は、パスワードがないと、その App で購入したコンテンツを復元できません。複数の Apple ID でコンテンツを購入した場合は、入力画面が表示されたら各 Apple ID のパスワードを入力してください。
  • 復元処理が終わるまで時間がかかる場合やエラーメッセージが表示される場合は、こちらの記事で対処法をご確認ください。
  • なくなったデータが iTunes バックアップに入っていないか調べることもできます。
  • 復元処理が終わったように見えるのに、デバイスがバックグラウンドで情報のダウンロードを続けている場合があります。その状況を調べるには、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」の順にタップします。iOS 10.2 以前の場合は、「設定」>「iCloud」>「バックアップ」の順にタップします。デバイスが復元中の場合は、「この [デバイス] は現在復元中です。復元が終了すると、自動的にバックアップが作成されます」と表示されます。

もっと詳しく知りたい場合は、以降のセクションを読み進めてください。iCloud バックアップの対象となるデータについて詳しく説明します。

App、音楽、映画について

iTunes、App Store、iBooks から購入したコンテンツは iCloud で管理されています。iCloud バックアップには、そうしたコンテンツに関する情報だけが入っていて、コンテンツそのものは入っていません。iCloud バックアップから復元した後で、購入済みのコンテンツは自動的に iTunes Store、App Store、iBooks Store から再ダウンロードされます。iTunes から再ダウンロード可能なコンテンツは、国や地域によって異なります。以前に購入したコンテンツの払い戻しを受けている場合や、iTunes Store で販売が終了している場合は、ダウンロードできません。映画の中には、以前に購入したものでも iTunes から再ダウンロードできないものがあります。

他社製 App の中には、データを App の提供元からダウンロードし直さなければならないものもあります。

iTunes Match をお使いの場合は (対応状況についてはこちらの記事を参照してください)、以前にマッチ/アップロードした曲、アルバム、プレイリストをデバイスにダウンロードできます。iTunes Store で購入したものではないコンテンツや、iTunes Match で入手いただけないコンテンツを復元するには、そのコンテンツが保存されているコンピュータで iTunes を使ってデバイスを同期してください。

別の Apple ID で購入したコンテンツを復元するには、購入時に使った Apple ID でサインインします。

写真について

iCloud フォトライブラリを使っていれば、写真やビデオは自動的に iCloud にアップロードされるため、毎晩作成されるバックアップの対象にはなりません。iCloud バックアップからデバイスを復元した後で、Wi-Fi にしばらく接続しておけば、写真とビデオのダウンロードが始まります。

iCloud フォトライブラリを有効にしていなかった場合は、フォトライブラリやカメラロールの写真とビデオが iCloud バックアップに入っている可能性があります。バックアップの作成時に iCloud フォトライブラリが有効になっていたか覚えていない場合は、デバイスを復元した後で、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」を調べてください。「iCloud フォトライブラリ」がオンの場合、写真は iCloud フォトライブラリに保管されています。

写真やビデオがバックアップの対象になっていた場合は、復元時にバックグラウンドで iOS デバイスにダウンロードされます。バックアップが終わるまで Wi-Fi に接続したままにしておいてください。復元にかかる時間は、バックアップのサイズと Wi-Fi ネットワークの速度によって異なります。

マイフォトストリームについてはこちらの記事、iCloud バックアップの対象となるデータについてはこちらの記事、コンピュータから写真を同期する方法についてはこちらの記事を参照してください。

iCloud Drive について

iCloud Drive をお使いの場合、書類は iCloud に保管されているので、iCloud バックアップの対象にはなりません。iWork ファイルを手動で保存しておきたい場合は、Mac や Windows パソコンに保存できます。

デバイスを復元した後で iWork の書類が見つからない場合は、iCloud.com にアクセスして iCloud Drive App の中で探してください。

カレンダーや連絡先のデータについて

iCloud バックアップからカレンダーや連絡先の情報を復元すると、設定と古いデータがまず復元されます。続いて、カレンダーと連絡先の最新データが iCloud からデバイスにプッシュされ、古いデータが上書きされます。このアップデートは自動的に行われ、通常は、古いデータに気付く前に終わってしまいます。

メールやメモのデータについて

メールのデータは iCloud にあるため、iCloud バックアップの対象にはなりません。デバイス上の iCloud メールアカウントやその他のメールアカウントの設定情報は iCloud バックアップの対象になります。iCloud バックアップから復元した後、iCloud やその他のメールプロバイダが利用できるメールメッセージを元通り配置してくれるので、復元前の状態に戻って作業できます。

メモを iCloud に保存するようにデバイスを設定している場合は、復元が終わった後で、iCloud にあるメモがデバイスに送信されます。iOS 10.3 以降でメモの保存オプションを調べるには、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順にタップします。それ以前のバージョンの iOS では、「設定」>「iCloud」の順にタップします。

他社のサービス (Microsoft Exchange など) を使って保存したメモのデータは、iCloud にはバックアップされません。データを読み込む方法については、ご利用のサービスのプロバイダにお問い合わせください。

メッセージやボイスメモのデータについて

iCloud のメッセージ App をお使いの場合、テキストメッセージは iCloud に自動的にアップロードされ、バックアップの対象にはなりません。iCloud バックアップからデバイスを復元した後で、Wi-Fi にしばらく接続しておけば、テキストメッセージのダウンロードが始まります。

ボイスメモは iCloud バックアップの対象になります。iCloud のメッセージ App を無効にした場合、テキストメッセージや添付ファイルは自動的にアップロードされなくなりますが、次回の iCloud バックアップには保存されます。メッセージの添付ファイルは復元時にバックグラウンドでダウンロードされます。バックアップが終わるまで Wi-Fi に接続したままにしておいてください。復元にかかる時間は、バックアップのサイズと Wi-Fi ネットワークの速度によって異なります。

デバイスを別の種類のデバイスのバックアップから復元した場合、メッセージやボイスメモのデータが復元されないことがあります。たとえば、iPad のバックアップを使って iPhone を復元した場合、メッセージとボイスメモのデータが iPhone には表示されない可能性があります。

上記を確認した上でなお、復元後に情報が見当たらない場合は、別の iCloud バックアップや iTunes バックアップから復元してみてください。iCloud バックアップからの復元を試す際は、必ず前もって iTunes で最新データのバックアップを作成しておくようにしてください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: