ディスクユーティリティでソフトウェア RAID セットのアクセス権を検証または修復できないことがある

Lion がソフトウェア RAID にインストールされているとき、ディスクユーティリティでボリュームのアクセス権を検証または修復できないことがあります。プロセスは開始したように見えますが、すぐに停止します。

コマンドラインツール diskutil を使って、ソフトウェア RAID ボリュームのアクセス権を検証または修復してください。注意:このコマンドを実行するユーザは、管理者権限を持っている必要があります。

  1. ターミナルを起動します。
  2. 以下のコマンドを実行して RAID セットの現在のディスク番号を確認します。

    diskutil checkRAID

    下記のように出力されます。
        AppleRAID sets (1 found)
        =====================================================================
        Name:                 Untitled RAID Set 1
        Unique ID:            A7F6D953-229B-42AF-AEC2-90343622FF12
        Type:                 Mirror
        Status:               Online
        Size:                 319.7 GB (319728943104 Bytes)
        Rebuild:              manual
        Device Node:          disk2
    --------------------------------------------------------------------- #  DevNode   UUID                                  Status     Size --------------------------------------------------------------------- 0  disk1s2   18ADC3BD-484C-4037-9CD2-9912E0239EAC  Online     319728943104 1  disk0s2   2016FF0B-D188-448D-9B22-0F34C58EB8AB  Online     319728943104 =====================================================================


    上記の例では、RAID セットに関連付けられたディスク番号は「disk2」です。

     

  3. ボリュームのアクセス権を検証するには、以下のコマンドを実行します。

    diskutil verifyPermissions disk2

     

  4. ボリュームのアクセス権を修復するには、以下のコマンドを使えます。

    diskutil repairPermissions disk2

関連情報

diskutil コマンドについてのその他の便利な情報を確認するには、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

man diskutil
公開日: