Xsan:未解決の POSIX GID があるディレクトリでファイルを作成するときの問題

  

未解決の POSIX グループ ID (GID) および少なくとも 1 つのアクセス制御エントリがあるディレクトリの Xsan ボリュームで次の問題が発生することがあります。

  • 問題のあるディレクトリに Finder 経由でファイルをコピーしようとすると、「いくつかの必要な項目が見つからなかったため、操作を完了できません。(エラーコード -43)。」という警告が表示される。
  • 問題のあるディレクトリに Finder で新規フォルダを作成すると、「予期しないエラーが起きたため、操作を完了できません (エラーコード -43)」という警告が表示される。
  • 問題のあるディレクトリでファイルを作成すると、コマンドラインユーティリティが応答しなくなることがある。

この問題を回避するには、次の手順に従います。

  1. このグループが Xsan の全システムに存在するのでない限り、Xsan のアクセス権でローカルグループを使わないようにします。Xsan では、LDAPv3 や Active Directory などのディレクトリサービスのユーザおよびグループを使って POSIX のアクセス権および ACL を設定することが推奨されています。
  2. Xsan のすべてのクライアントがディレクトリサービスと通信できるようにします。
  3. 存在しなくなったグループの GID がディレクトリにある場合は、Xsan Admin の「ファイル管理」パネルを使って GID を存在するグループに変更する必要があります。グレイ表示されたグループのアイコンの横の空白部分をダブルクリックし、新しいグループの名前を入力します。

関連情報

Xsan Admin の「ファイル管理」パネルでディレクトリを選択し、アクションメニュー (またはディレクトリを右クリックして)「アクセス権を設定」を選択すると、問題のあるディレクトリを特定できます。次の例に示すように、問題のあるディレクトリには、存在しなくなったグループの名前および少なくとも 1 つの ACL エントリがあります。

Xsan Admin の「ファイル管理」で「アクセス権を設定」を選択すると表示されるシートの不明なグループ


ターミナルの ls(1) コマンドを使って問題のあるディレクトリを特定することもできます。未解決の GID は、グループ名ではなく数字で表示されます。たとえば、この出力では UID root の後に未解決の GID「20050104」が表示されています。

ls -led /Volumes/MyVolume/problematic_directory
drwxrwxr-x+ 4 root  20050104  2048 Mar  8 20:48 /Volumes/MyVolume/problematic_directory/
 0: group:staff allow list,add_file,search,delete,add_subdirectory,delete_child,readattr,writeattr,readextattr,writeextattr,readsecurity,file_inherit,directory_inherit


ディレクトリの GID は、chgrp(1) コマンドを使って変更できます。次の例では、GID を「editors」という名前のグループに変更しています。

chgrp editors /Volumes/MyVolume/problematic_directory

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: