iCloud で迷惑メールが届く原因

一方的に送りつけられる大量のメールは、一般的に迷惑メールやスパムと呼ばれています。迷惑メールが届く原因と対処法についてご説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

迷惑メールが届く原因

  • 迷惑メールの送り主 (スパマー) は、よく使われがちなアドレス (名前だけが入ったアドレス、名前のイニシャルと姓を組み合わせたものや、よくあるニックネームを使ったものなど) を推測するアプリケーションを利用しています。
  • 何らかのサービスに登録した場合に、そのサービスがお客様のメールアドレスをほかのサービスに売ったせいで、アドレスを買ったサービスから迷惑メールが一方的に送りつけられることがあります。
  • 一般公開されている Web ページにメールアドレスを投稿すると、アドレスがコピーされ、メールを送りつけるのに使われることがあります。
  • メールアドレスを入手したスパマーが、ほかのスパマーにメールアドレスを提供する場合があります。

迷惑メールの対処法

迷惑メールについて報告し、届く迷惑メールの数を減らせます。その上で、迷惑メールをマークしてフィルタリングし、受信ボックスに入らないようにすることができます。

迷惑メールを報告する

iCloud のメール管理者と、迷惑メールの送信元のインターネットドメインのメール管理者双方に、迷惑メールについて報告できます。管理者がそのメッセージを迷惑メールだと確認できた場合は、その送信元からのメッセージが今後メールボックスに届かないように管理者が手配してくれます。メールクライアントに応じて、以下の手順を実行してください。

Mac のメール

  1. メッセージを開き、「メッセージ」メニューから「添付ファイルとして転送」を選択します。
  2. メッセージを iCloud の spam@icloud.com 宛てに転送します。
  3. 同じメッセージを abuse@[ドメイン名] 宛てにも転送します。[ドメイン名] には、送信者のメールアドレスの「@」記号の後ろの部分を入力します。たとえば、送信者のメールアドレスが spammer@spammydomain.com の場合、メッセージを abuse@spammydomain.com 宛てに転送します。

Microsoft Outlook 2010 以降

  1. 「ファイル」>「オプション」の順に選択します。
  2. 「オプション」ウインドウの左側にある「メール」をクリックします。
  3. 「返送/転送」セクションの現在の設定を書き留め、あとで設定を元に戻せるようにしておきます。「メッセージを転送するとき」の設定を「元のメッセージを添付する」に変更します。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. メッセージを iCloud の spam@icloud.com 宛てに転送します。
  6. 同じメッセージを abuse@[ドメイン名] 宛てにも転送します。[ドメイン名] には、送信者のメールアドレスの「@」記号の後ろの部分を入力します。たとえば、送信者のメールアドレスが spammer@spammydomain.com の場合、メッセージを abuse@spammydomain.com 宛てに転送します。
  7. Outlook の設定を元に戻すには、手順 1 ~ 4 を繰り返します。ただし、手順 3 では「メッセージを転送するとき」の設定を元に戻します。設定を覚えていない場合は、「元のメッセージを残す」を選択します。

Microsoft Outlook 2007

  1. 「ツール」>「オプション」の順に選択します。
  2. 「オプション」ウインドウで「初期設定」タブの「メール オプション」をクリックします。
  3. 「メール オプション」ウインドウの「返信/転送時のスタイル」の現在の設定を書き留め、あとで設定を元に戻せるようにしておきます。「メッセージを転送するとき」の設定を「元のメッセージを添付する」に変更します。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. メッセージを iCloud の spam@icloud.com 宛てに転送します。
  6. 同じメッセージを abuse@[ドメイン名] 宛てにも転送します。[ドメイン名] には、送信者のメールアドレスの「@」記号の後ろの部分を入力します。たとえば、送信者のメールアドレスが spammer@spammydomain.com の場合、メッセージを abuse@spammydomain.com 宛てに転送します。
  7. Outlook の設定を元に戻すには、手順 1 ~ 4 を繰り返します。ただし、手順 3 では「メッセージを転送するとき」の設定を元に戻します。設定を覚えていない場合は、「元のメッセージを残す」を選択します。

迷惑メールをマークしてフィルタリングする

メール App を使ってメッセージを迷惑メールとしてマークしておくと、その後、同じ送信者からのメッセージは自動的に迷惑メールとしてマークされるようになります。

  • iOS 7 以降を搭載した iPhone、iPad、または iPod touch では、メッセージを開いて、画面下部のフラグのアイコンをタップし、「"迷惑メール" に移動」をタップします。
  • Mac では、メッセージを選択して、メールツールバーの迷惑メールアイコン (親指を下向きにした手のマーク) をクリックします。
  • iCloud.com では、メッセージを選択してから旗のアイコンをクリックし、「『迷惑メール』へ移動」を選択します。または、メッセージをサイドバーの「迷惑メール」フォルダにドラッグします。そのメッセージが iCloud に自動的に迷惑メールとして報告されます。

macOS メールiCloud.com でルールを設定して、迷惑メールの受信時に自動的にフィルタリング (移動または削除) することもできます。別のメールアプリケーションをお使いの場合は、アプリケーションのマニュアルでフィルタの設定方法およびメッセージをメールヘッダ全体を含めて転送する方法を確認してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: