最新バージョンの iOS が必要な状況で iTunes バックアップまたは iCloud バックアップから復元する

iCloud バックアップまたは iTunes バックアップから復元する際に、新しいバージョンの iOS が必要な場合の対処法について説明します。

iCloud バックアップを復元するには新しいバージョンの iOS が必要な場合、設定アシスタントからソフトウェアをアップデートするように案内されます。アップデートをダウンロードし、インストールするように選択すると、設定アシスタントが自動的にソフトウェアをアップデートし、バックアップを復元してくれます。

iTunes バックアップの復元時に新しいバージョンの iOS が必要な場合は、ソフトウェアが古すぎて iTunes バックアップを復元できないというエラーが表示されることがあります。以下の手順にそって、デバイスをアップデートし、バックアップを復元してください。

お使いのデバイスを設定、アップデート、消去する

  1. iTunes で、または iPhone の「App とデータ」画面で、「バックアップから復元」ではなく「新しい iPhone として設定」をタップします。「バックアップから復元」をタップしてしまった場合は、「戻る」をタップして設定画面に戻ってください。
  2. 画面の案内に従って残りの手順を実行します。ここでは、Apple ID、Touch ID、およびパスコードの設定手順は省いてかまいません。
  3. 設定が完了したら、デバイスの iOS を最新バージョンにアップデートします。
  4. アップデートが終わり、デバイスが再起動するまでお待ちください。
  5. iOS デバイスのコンテンツと設定を消去します。「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。消去が終わると、デバイスが再起動して、設定アシスタントの「こんにちは」画面が表示されます。

これで、デバイスをあらためて設定できる状態になったので、バックアップを選択して復元できるはずです。 

関連情報

  • iTunes バックアップからの復元に関する問題の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • iCloud バックアップからの復元に関する問題の対処法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: