AirMac ベースステーション:MAC アドレスアクセス制御が有効になっている場合、拡張ネットワークに別の AirMac ベースステーションを追加できない

AirMac ベースステーションを追加設定して Wi-Fi ネットワークの範囲を拡張しようとする際、そのデバイスの MAC アドレスアクセス制御が有効になっていると、そのデバイスは「アップデート」を選択しても接続できません。追加する AirMac ベースステーションのステータスランプがオレンジ色に点滅します。その AirMac ベースステーションは、AirMac ユーティリティ上に表示されなくなります。

プライマリ AirMac ベースステーションの MAC アドレスアクセス制御が有効になっている状態で (デフォルト設定は「使用しない」)、AirMac ベースステーションなどの Wi-Fi デバイスを追加する場合は、まず追加する Wi-Fi デバイスの MAC アドレスを MAC アドレスアクセス制御リストに追加してから設定する必要があります。

または、「AirMac ユーティリティ」>「AirMac」>「アクセス制御」タブの順に選択し、ドロップダウンメニューから「使用しない」を選択して MAC アドレスアクセス制御の設定を無効にすることもできます。

MAC アドレスアクセス制御を無効にせずに AirMac ベースステーションの追加をすでに試みた場合は、デバイスのリセットボタンを使って、その AirMac ベースステーションを工場出荷時の状態にリセットする必要があります。その後に、上述した方法のいずれかを利用して再設定してください。

AirMac ベースステーションをリセットする手順については、こちらの記事 を参照してください。

公開日: