Xsan:「Disk Stripe Group DOWN for this client」エラーのトラブルシューティング

  1. Xsan メタデータコントローラのシステムログに繰り返し次のようなメッセージが表示される場合があります。
    Aug 25 08:37:12 mdc1 fsm[123]: Xsan FSS 'MyVolume[0]': [Node 42] Disk Stripe Group 1 is DOWN for this client. # disks 2 unitmap[1] 0xfffff partaccess 0x1
  2. Xsan Admin で、Xsan クライアントで LUN が認識されないと報告される場合があります。
  3. Xsan Admin でボリュームをマウントできず、「ボリュームの一部のデータ LUN がこのコンピュータに表示されません。ファイバーチャネル・ケーブルを確認して、もう一度やり直してください」という警告メッセージが表示される場合があります。

LUN の表示の問題を解決する方法

どの Xsan システムで問題が発生しているかわかっている場合は、次の手順を実行します。

  1. 問題のコンピュータを再起動します。
  2. ファイバーチャネルスイッチの構成をチェックして、SAN コンポーネントが同じファイバーチャネルゾーンにあることを確認します。
  3. こちらの記事 を参照します。

問題のコンピュータの識別方法

どの Xsan システムで問題が発生しているかわからない場合は、Xsan Admin のコンピュータパネルでエラーが表示されているコンピュータがないか確認します。または、Xsan Admin で、もしくはメタデータコントローラで次のパスの「cvlog」ファイルを検索して、ボリュームログ (「cvlog」とも呼びます) を参照することができます。

/Library/Logs/Xsan/data/Volume_Name/log/cvlog

Mac OS X 10.6.8 以前が動作している Xsan メタデータコントローラの場合、「cvlog」ファイルは次のパスにある場合があります。

/Library/Filesystems/Xsan/data/Volume_Name/log/cvlog

ボリュームログで、最近表示された「Disk Stripe Group DOWN」警告メッセージを探します。次に、この行の上にある、同じタイムスタンプ、同じノード番号で、「Client Login」という語を含むログエントリーを探します。この行には、問題の発生しているシステムの IP アドレスまたはホスト名が記載されています。次のような出力が表示されます。

[0825 08:37:12] 0xabcdef01 (Info) Node [42] [xsanclient1.example.com:55045] Client Login (active 3).
[0825 08:37:12] 0xabcdef01 (Warning) [Node 42] Disk Stripe Group 1 is DOWN for this client. # disks 2 unitmap[1] 0xfffff partaccess 0x1

上の出力例の 1 行目に、問題のあるシステム (ノード 42) のホスト名が「xsanclient1.example.com」であることが示されています。

どのシステムで問題が発生しているかわかったら、上の「LUN の表示の問題を解決する方法」セクションに記載されている手順を実行します。

関連情報

ファイバーチャネルの問題によって、Xsan クライアントが LUN を表示できない可能性があります。クライアントがすべての Xsan ボリュームのデータ LUN を認識できない場合、このクライアントで Xsan ボリュームをマウントできません。クライアントがボリュームをマウントしようとするたびに、Xsan ボリュームログに、1 つ以上の「Disk Stripe Group n is DOWN」メッセージが続く「Client Login」行が新しいノード番号で表示されます。数字の「n」は、LUN のないストライプグループを示しています。

公開日: