「iPhone を探す」App が機能しない場合

サインインできない場合や、「iPhone を探す」でデバイスを探せない場合は、以下の手順をお試しください。

iOS 13、iPadOS、macOS Catalina、watchOS 6 では、「iPhone を探す」と「友達を探す」が 1 つになり、「探す」App として生まれ変わりました。まず、「探す」APp を設定し、「[デバイス] を探す」を有効にしておきましょう。

始める前に

デバイスの捜索、サウンドの再生、メッセージの表示、デバイスのリモートからのロックや消去がうまくいかない場合は、こちらの記事を参照し、「iPhone を探す」に問題がある場合の対処法をお試しください。

「iPhone を探す」にサインインできない場合

各手順を実行するたびに、サインインできるようになったか試してください。

  1. iCloud で使っているものと同じ Apple ID でサインインしているか確認します。 
  2. iCloud.com にアクセスしてサインインし、「iPhone を探す」を選択します。
  3. iOS デバイスで「設定」>「一般」>「日付と時刻」の順にタップし、日付と時刻を確認します。

iOS デバイスにパスコードを設定してある場合は、「iPhone を探す」をはじめて開くときにだけサインインが必要です。パスコードを設定するには、「設定」>「Touch ID とパスコード」(Touch ID 搭載デバイスの場合) または「設定」>「パスコード」(ほかのデバイスの場合) の順に選択し、「パスコードをオンにする」をタップします。

「デバイスが登録されていません」というメッセージが表示される場合

デバイスがお手元にある場合は、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択し、「[デバイス] を探す」がオンになっているか確認してください。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順に選択します。

「デバイスの所在地を確認できません」というメッセージが表示される場合

「iPhone を探す」を使ってデバイスを探そうとしたときにデバイスの位置情報サービスがオフだった場合に、このメッセージが表示されます。この場合、「iPhone を探す」でデバイスを探すことはできませんが、最後に確認された位置情報は最長 24 時間表示されます。「iPhone を探す」を使って、デバイスでサウンドを鳴らしたり、デバイスの画面にメッセージを表示したり、デバイスをロックしたり消去したりすることは、依然として可能です。

「iPhone を探す」を使ってデバイスの所在地をマップ上で特定する機能は、国や地域によって、利用できない場合があります。マップ上でデバイスの所在地を確認するには、その国や地域の地図データが必要です。「iPhone を探す」のほかの機能はすべて利用できます。

依然として問題が解決しない場合は、「iPhone を探す」に問題がある場合の対処法をこちらの記事でご確認ください。

公開日: