Xsan 2.2 or later:複数の Xsan ボリュームを使用している場合、同じネイティブの拡張属性設定を使用する

ACL の使用している場合、ネイティブの拡張属性を有効にした Xsan ボリュームからネイティブの拡張属性を有効にしていない Xsan ボリュームにファイルをコピーすると、対象の ACL のない AppleDouble ファイルが作成される可能性があります。拡張属性のあるファイルを操作しようとすると、予期しない動作を引き起こす場合があります。

ACL を有効にした複数の Xsan ボリュームを使用している環境で、ファイルをボリューム間でコピーする場合、ネイティブの拡張属性のサポートは各ボリュームで一貫している必要があります。1 つの Xsan ボリュームでネイティブの拡張属性が有効にされている場合は、SAN で使用しているすべての Xsan ボリュームでネイティブの拡張属性を有効にする必要があります。

関連情報

ネイティブの拡張属性は、Xsan 2.2 以降に備えられた機能です。この記事の内容は、古いバージョンの Xsan ソフトウェアを使用する配備の場合は適用されません。

公開日: