MacBook Pro (15-inch, Mid 2010) 以降:左右のスピーカーのバランス

MacBook Pro (15-inch, Early 2011)、MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)、MacBook Pro (15-inch, Late 2011)、および MacBook Pro (15-inch, Mid 2012) の左右のスピーカーのバランスについて説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

この MacBook Pro では、ミッドレンジの音声の特徴を生かすために、左右のスピーカーのほかにサブウーファースピーカーが使われています。

システム環境設定の「サウンド」パネルで「バランス」スライダを左スピーカーに移動しても、MacBook Pro の右側から音声が聞こえてきます。この音声は、実際にはサブウーファーで生成されていますが、サブウーファーからの音声は、その配置上の理由から右側のスピーカーから聞こえてくるように思えるかもしれません。サブウーファーの配置の都合上、通常、音場が若干右スピーカーに寄っているように聞こえます。必要に応じて、バランスコントロールを調整して、音場を左側または右側に寄せることもできます。

サブウーファーは、スペースバーの右側に配置されています。 スピーカーのすべての場所を下の写真に示しています。 

システム環境設定の「サウンド」パネルには、左右のスピーカーとは別にサブウーファースピーカーを調整するための設定項目はありません。システム音量を増減させると、左右のスピーカーとサブウーファースピーカーが同時に調整されます。 

公開日: