Time Machine バックアップディスクに macOS をインストールできない場合

Time Machine バックアップディスクに macOS をインストールしようとすると、Time Machine でバックアップ用に使われているボリュームにはインストールできないというメッセージが表示されることがあります。 

macOS インストーラは、Time Machine バックアップディスクには macOS をインストールできない仕様になっています。起動ディスクを使用できなくなる事態に備えて、起動ディスクとバックアップディスクは別々にしておいた方が賢明です。

Time Machine バックアップディスクを今後はバックアップ用に使わないことにした場合は、バックアップディスク全体を消去するか、以下の手順でそのディスク上のバックアップだけを消去できます。その後、そのディスクに macOS をインストールできるようになります。

以下の手順を実行すると、バックアップディスクに保管されているバックアップ済みファイルが削除されます。そのデータが必要な場合は、macOS を別のドライブにインストールするか、または、前もってバックアップデータを別のドライブにコピーしておいてください。

  1. Apple メニュー () >「システム環境設定」を選択し、「Time Machine」をクリックします。「Time Machine」を「切」にするか、「バックアップを自動作成」の選択を解除します。
  2. Time Machine バックアップドライブ上の「Backups.backupdb」フォルダを探します。このフォルダは通常、バックアップドライブの最上位にあります。Spotlight をファイル探しに役立てることができます。
  3. 「Backups.backupdb」フォルダをゴミ箱に移動します。管理者の名前とパスワードの入力を求められた場合は、入力します。 
  4. ゴミ箱を空にして、「Backups.backupdb」フォルダを削除します。

これで、ドライブに macOS をインストールできるようになります。Time Machine をオンに戻す場合は、バックアップの保管用に使用できる別のドライブを必ず用意してください。 

公開日: