Mac OS X Server v10.6:管理対象プリンタがクライアントの適切なドライバを使って設定されない

状況によっては、管理対象の PostScript プリンタが、管理対象のクライアントで「一般的な PostScript プリンタ」として間違って設定されることがあります。これは、管理対象のクライアントコンピュータに正しいドライバがインストールされていても起きることがあります。

PPD を利用可能なプリンタの場合、以下の手順に従って、クライアントで適切な PPD ファイルへのパスを指定してください。

  1. ワークグループマネージャを使ってクライアントの管理サーバに接続します。
  2. クライアントで正しく設定されていないプリンタが属しているユーザ/グループ/コンピュータグループを選択します。
  3. 「環境設定」タブをクリックします。
  4. 「詳細な情報」タブをクリックします。
  5. 「環境設定エディタでアプリケーションの環境設定を変更します」というセクションで、「com.apple.mcxprinting」という項目をダブルクリックします。
  6. 表示される環境設定エディタウインドウで、「常に確認」の隣にある開閉用三角ボタンをクリックして、そのディクショナリの内容を表示します。
  7. UserPrinterList-Raw ディレクトリの横の開閉用三角ボタンをクリックします。
  8. 編集するプリンタの横にある開閉用三角ボタンをクリックします。
  9. 編集するプリンタを選択して「新規キー」をクリックします。
  10. 新規キーに PPDPath という名前を付けて、タイプを「文字列」に設定し、値にはクライアントに指定する適切な PPD ファイルのパスを設定します

     ワークグループマネージャの PPDPATHワークグループマネージャの PPDPATH キー
  11. 「今すぐ適用」、「完了」の順にクリックします。

このプリンタが複数のユーザ/グループ/コンピュータグループに設定されている場合、必要に応じて上記の手順を繰り返します。

公開日: