Apple イヤフォンと静電気

iPod、iPhone、Mac コンピュータの音声をイヤフォンで聴いているときに、イヤフォンで起きた微弱な静電気を感じることがあります。

実際に起きている現象は?

極端に乾燥した場所でイヤフォンを使うと静電気が溜まりやすくなり、イヤフォンから放電された微弱な静電気を耳で感じる場合があります。イヤフォンから静電気を感じても、デバイスやイヤフォンに問題があるというわけではありません。

この状態は、カーペットの上で足を引きずり、ドアノブに触れたときに静電気が生じるのとよく似ています。ただし、静電気が体に溜まるのではなく、イヤフォンを接続しているデバイスの方に蓄積されます。ドアノブに触れたときに体内に溜まった静電気が指から放電されるのと同じように、イヤフォンから放電されます。

これは、Apple のハードウェアに限った状況ではありません。静電気はどのハードウェアにも蓄積され、どのブランドのイヤフォンでも放電される可能性があります。

デバイスに静電気が溜まるのはなぜ?

特定の環境下で特定の扱い方をすると、電子機器に静電気が溜まりやすくなります。

  • 湿度が低く、乾燥した環境
  • 風が強い環境
  • ポケットからデバイスを出し入れする
  • デバイスを携帯してジョギングやエクササイズをする
  • 合成繊維 (ナイロンなど) 製の衣服

デバイスに静電気を溜めないための対策は?

静電気対策として、できることがいくつかあります。

屋内

  • 加湿する。ポータブル加湿器を使ったり、エアコンの湿度を調整したりしてください。
  • 静電気防止スプレーを空気中に噴霧する。
  • 乾燥肌の場合は、静電気防止ローションを使う。
  • 天然繊維 (綿など) の衣類を着用する。合成繊維は静電気が溜まりやすくなります。

屋外

  • ケースを使ったり、バッグやポケットに入れたままにして、デバイスを風から守る。
  • ポケットからデバイスを頻繁に出し入れしない。特定の素材とデバイスが擦れると静電気が蓄積しやすくなります。
公開日: