Xsan、マルチメディアアプリケーション:フレーム落ちに関する問題のトラブルシューティング

ビデオを Xsan メディアで保存するときにフレーム落ちが発生する状況のトラブルシューティング方法について説明します。「フレーム落ち」とは、ビデオのキャプチャ、編集、再生の際に意図せずしてビデオのフレームが飛ばされてしまう現象を指します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ワークステーションがビデオの各フレームの転送を適切に制御できない

ワークステーションの機能的な限界に起因するフレーム落ちを回避する対処方法は次の通りです。

  • お使いのワークステーションがマルチメディアソフトウェアの最小システム条件を満たしており、コンピュータのハードウェアがパフォーマンスを最大限発揮できるように設定されていることを確認します。
  • 可能な場合は、ワークステーションをマルチメディアアプリケーションの実行専用にします。ほかのサービスまたはプログラムを実行すると、マルチメディアソフトウェアのリソースが不足する場合があります。 


Xsan ボリュームに保存されているビデオクリップをワークステーションで一貫して利用できない

ファイバー通信の問題に起因するフレーム落ちを回避する対処方法は次の通りです。

関連情報

Final Cut Pro:コマ落ちの発生と解決方法」を参照してください。

公開日: