iChat:グループビデオチャットの参加、ホストについて

グループ iChat 会議 (4 方向など複数メンバーによるチャット) をホスト/参加できるかどうかは、次の要因や条件に左右されます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
  • お使いのコンピュータの性能
  • チャット相手のコンピュータの性能
  • 利用可能なバンド幅
  • 音声チャットまたはビデオチャットにそれぞれ対応した、内蔵または外付けのマイクまたはビデオカメラ

メンバーリストの中のだれかがグループチャットの参加条件を満たしていない場合、そのメンバーには、メンバーリストで多方向のアイコンが表示されません。同様に、お使いのコンピュータとバンド幅が多方向会議の参加条件を満たしていない場合は、ほかのメンバーのメンバーリストに、多方向会議の対象として表示されません。

iChat では、複数メンバーによるチャットに参加またはホストできるかどうかがどのように判断されますか?

iChat を開いた際に、利用可能なバンド幅で複数メンバーによるチャットが可能かどうかを判定するために、一連のテストが実施されます。 iChat は、お客様がいつも使っているネットワーク内にいることを確認します。ネットワークが違う場合は、バンド幅の検出が実施され、ネットワークが多方向接続に十分に対応できる速さかどうかが判定されます。このテストに合格すると、多方向チャットが有効になります。

ヒント:Mac OS X v10.5 および iChat 4 以降では、iChat の接続診断も利用できます。iChat の「ビデオ」メニューで「接続診断」を選択し、「表示」ポップアップメニューで「利用できるもの」を選択します。  サポート対象の機能には、緑のチェックマークが表示されます。サポート対象外の機能については、赤い X マークと簡単な説明が表示されます。たとえば、複数メンバーによるビデオチャットをホストできない場合は、「複数メンバービデオをホスト」の横に赤い X マークと「(カメラがありません)」というメッセージが表示されます。ほかにも、「(CPU 速度が不足しています)」「(ネットワーク速度が不足しています)」「(マイクがありません)」などの説明が表示される場合があります。  お使いの Mac で、一方向のみのビデオ/オーディオチャットが可能な場合、チャットのタイプの横に「(一方向のみ)」が表示されます。
 

システム条件は満たされているのに複数メンバーによるチャットが有効にならない場合の対処法

ネットワーク接続が、最低バンド幅の必要条件を満たしていない可能性があります。ISP またはシステム管理者に問い合わせて、状況をご確認ください。

ファイアウォールで iChat によるテストの実施が阻止されている場合は、こちらの記事を参照してください。バンド幅のテストがファイアウォールで阻止されている場合、iChat は、QuickTime の環境設定の QuickTime ストリーミングの設定を確認します。手動で「256 Kbps DSL/ケーブル」またはそれ以下に設定されていると、多方向接続は無効になります。状況によっては、この値が「自動」に設定されているときに、多方向接続が無効になることもあります。ネットワーク接続に合った値を設定してください。

公開日: