Pages:目次ではアラビア数字のみを使用

Pages で書類を作成する際は、ページにページ番号を追加できるだけでなく、番号の書式も選択できます (1、2、3 または A、B、C または I、II、III)。書類の目次 (TOC) を作成すると、目次に表示されるページ番号は常にアラビア数字 (1、2、3) になります。ページ番号に別の書式 (たとえば A、B、C などの文字方式) を選択していても、目次ではページ番号がアラビア数字で表示されます。

ページ番号をアラビア数字にしていない場合は、目次に表示されるページ番号と実際のページ番号が一致しなくなるため、書類の閲覧が難しくなります。原則として、目次を作成する場合は、目次からページ番号が正しく参照されるように、ページ番号にアラビア数字を使ってください。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ページ番号に違う書式が使われている場合は、対策として、以下の手順で目次を編集できます。

  1. 書類をリッチテキストフォーマット (RTF) 文書として書き出します (「ファイル」メニューから「書き出す」を選択し、表示されるダイアログで「RTF」ラジオボタンを選択します)。
  2. 書き出した RTF ファイルを Pages で開きます (「ファイル」メニューから「開く」を選択するか、RTF ファイルを Dock の Pages アイコンの上にドラッグします)。
  3. 指定されているページ番号の書式に一致するように、「目次」セクションでページ番号を手動で変更します。

この処理の過程で、お使いの書式の一部が変更されてしまい、訂正が必要になることがあります。

公開日: