Logic Pro/Express:トラブルシューティング用の起動修飾キー

Logic が反応しなくなったり、起動時に予期せず終了したりすることがあります。

修飾キーを押したままアプリケーションを起動すると、Logic Pro または Logic Express をトラブルシューティングモードにできます。具体的には、「アプリケーション」フォルダに移動し、「Logic」アイコンをダブルクリックしてから、以下の表の各修飾キーを押し続け、ダイアログが表示されるか、Logic が完全に読み込まれるまでそのままにします。

修飾キー 説明 用途
control オーディオなしで起動 これは、特定の Core Audio ドライバに関する問題を除外するのに役立ちます。Core Audio ドライバを初期化しているときに、Logic が反応しなくなったり、予期せず終了することがあります。この場合は、Logic Pro または Logic Express をオーディオなしで起動します。必要に応じて、トラブルシューティングのために内蔵オーディオをオンにできます。
shift + control AU-Safe Mode これにより、Logic を起動した時点で自動的に起動する Audio Unit Validation Tool のテストに合格した Audio Unit だけがロードされます。このテストに合格しなかった Audio Unit を有効にした場合、予期せず終了したり、動作の不具合が発生することがあります。このオプションにより、Logic Pro または Logic Express を安定した状態に戻すことができることがあります。
option Autoload/テンプレート/最後に開いた曲なしで起動 これにより、Logic Pro または Logic Express が、テンプレート、Autoload、最後に開いたプロジェクトを読み込まずに起動します。問題が現在読み込んでいる曲に特有のものである可能性や、問題がこの曲により発生している可能性を排除できるため、あらゆる種類の問題のトラブルシューティングに役立つ可能性があります。「option」キーを押しながら「ファイル」>「新規」の順に選択すると、トラブルシューティング用の空のデフォルトプロジェクトが読み込まれます。
公開日: