Mac や Windows パソコンの iTunes をアップデート後、ライブラリ全体が表示されなくなった場合

コンピュータ上の iTunes をアップデートしたら、曲、アルバム、プレイリスト、その他の読み込んだコンテンツがすべて表示されなくなった場合の対処法をご案内します。

iTunes は、コンテンツやプレイリストをライブラリファイルで管理しています。iTunes のアップデート直後に iTunes でライブラリファイルをアップデートできない場合、読み込んだコンテンツやプレイリストが表示されなくなることがあります。iTunes ライブラリの復元方法については、こちらを参照してください。

最近 iTunes をアップデートしたわけでもないのにコンテンツやプレイリストが見当たらない場合は、ほかの原因を検討してください。

iTunes で音楽の横に感嘆符が表示されている場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

iTunes ライブラリを復元する

以下の手順を実行する前に、お使いの iTunes が最新バージョンであることをご確認ください。

  1. iTunes を終了します。
  2. iTunes ライブラリファイルが入っている「iTunes」フォルダに移動します。
    Mac:コンピュータの画面上部に表示されているメニューバーから、「移動」>「ホーム」の順に選択します。「ミュージック」フォルダを開き、「iTunes」フォルダを開きます。
    Windows:「\ユーザー\[ユーザ名]\ミュージック\iTunes\」に移動します。
  3. 「iTunes Library.itl」ファイルをデスクトップにドラッグします。このファイルが見つからない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  4. 「iTunes」フォルダで、「Previous iTunes Libraries」フォルダを開きます。
  5. iTunes Library YYYY-MM-DD」という名前のファイルを探します。YYYY-MM-DD は、iTunes をアップデートした日付です (年-月-日)。
    「Previous iTunes Libraries」フォルダまたは新しい「YYYY-MM-DD」ファイルが見つからない場合、iTunes ライブラリファイルがカスタムの場所に保存されている可能性があります。コンピュータ上で「Previous iTunes Libraries」を検索し、一番日付の新しい「YYYY-MM-DD」ファイルを探して、手順 6 に進んでください。
  6. ファイルを選択し、「command + C」(Mac) または「Ctrl + C」(Windows) を押します。
  7. 「command + 上向き矢印」(Mac) または「Alt + 上向き矢印」(Windows) を押します。
  8. 「command + V」(Mac) または「Ctrl + V」(Windows) を押します。
  9. 「YYYY-MM-DD」ファイルが「iTunes」フォルダにコピーされます。このコピーの名前を「iTunes Library.itl」に変更します (カギかっこは含めません)。
  10. 「option」キー (Mac) または「Shift」キー (Windows) を押しながら iTunes を開きます。
  11. 「iTunes ライブラリを選択」というメッセージが表示された場合は、「ライブラリを選択」をクリックします。手順 9 で名前を変更したファイルを指定します。

これで、iTunes ライブラリが復元されるはずです。iTunes にコンテンツやプレイリストがすべて思い通りに表示される場合は、デスクトップ上の「iTunes Library.itl」ファイルはゴミ箱に移動してかまいません。

手順 5 で使った iTunes ライブラリの日付以降にライブラリに何か変更を加えていた場合は、たとえば、その後に新しく作成したプレイリストや新たに追加した曲などが、iTunes に表示されないことがあります。その場合は、あらためて作成または追加し直す必要があります。

公開日: