AirMac:SSID (Wi-Fi ネットワーク名) が表示されない Wi-Fi ネットワークに接続できない

正しいパスワードを使っても、非公開 Wi-Fi ネットワークに接続できないことがあります。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

非公開の Wi-Fi ネットワークとは、接続先の Wi-Fi ネットワークを検索する画面に、実際の SSID (Wi-Fi ネットワーク名) が表示されないように意図的に設定したネットワークです。つまり、Wi-Fi ルータの設定時に設定画面で入力した通りの Wi-Fi ネットワーク名を手動で入力する必要があります。

正しいパスワードを入力したにもかかわらず非公開ネットワークに接続できない場合は、SSID およびパスワードのセキュリティタイプを正しく入力したかどうかを確認してください。非公開 Wi-Fi ネットワークの性質上、入力されるパスワードに対して使われるセキュリティのタイプをコンピュータは記憶していません。

SSID (Wi-Fi ネットワーク名) が非表示になっていて、WEP (TSN) 認証を使う設定になっている Wi-Fi ベースステーションに接続する際は、「セキュリティ」メニューの「WPA/WPA2 パーソナル」を選択してください。

関連情報

AirMac ベースステーションまたは他社製のルーターで非公開ネットワークを作成すると、ワイヤレスネットワークをスキャンするコンピュータに対して、ネットワーク名が非表示になります。このネットワークに接続するには、正確なネットワーク名を入力する必要があり、パスワードの入力を求められる場合もあります。

WEP (TSN) について詳しくは、以下を参照してください。

公開日: