AirMac:ベースステーションには接続できるが、PPPoE でインターネットに接続できない

コンピュータからベースステーションに接続できても、PPPoE DSL/ケーブルモデムサービスを使ってインターネットやローカルネットワークに接続できないことがあります。

  • コンピュータからベースステーションには接続でき、信号強度も強いのに、インターネットやローカルネットワークには接続できない。
  • システム環境設定の「ネットワーク」パネルに、内蔵 Ethernet ポートの IP アドレスが 10.64.64.64 と表示されることがある。

上記の現象は通常、有線 Ethernet を使って PPPoE DSL/ケーブルモデムサービスに接続していた場所に、AirMac ベースステーションや他社製ワイヤレスアクセスポイントを追加した後で起こります。このような場合、ベースステーションが、PPPoE を使ってモデムに接続する唯一のデバイスである必要があります。クライアントからベースステーションへのワイヤレス接続には、PPPoE を使用しません。上記の現象が起きた場合、クライアントコンピュータは、実際には Ethernet ケーブルが接続されていないのに、内蔵 Ethernet ポート経由で PPPoE 接続しようとしています。

1. Apple メニュー >「システム環境設定」を選択します。
2. 「表示」>「ネットワーク」を選択します。
3. 「表示」ポップアップメニューから「内蔵 Ethernet」を選択します。
4. 「PPPoE」タブをクリックします。
5. 「PPPoE オプション」ボタンをクリックします。
6. 「必要なときに自動的に接続する」チェックボックスの選択を解除します。
7. 「OK」をクリックします。
8. 「今すぐ適用」をクリックします。

公開日: