Mac OS X:ディスクユーティリティのアクセス権の修復で無視しても構わないメッセージが表示される

ディスクユーティリティでディスクのアクセス権の修復を実行すると、ログに次のメッセージが表示される場合があります。

  • 警告:SUID ファイル「usr/libexec/load_hdi」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/DiskManagement.framework/Versions/A/Resources/DiskManagementTool」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/DesktopServicesPriv.framework/Versions/A/Resources/Locum」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Install.framework/Versions/A/Resources/runner」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Admin.framework/Versions/A/Resources/readconfig」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Admin.framework/Versions/A/Resources/writeconfig」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「usr/libexec/authopen」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/CoreServices/Finder.app/Contents/Resources/OwnerGroupTool」が変更されていて、修復されません。

  • 警告:SUID ファイル「System/Library/CoreServices/RemoteManagement/ARDAgent.app/Contents/MacOS/ARDAgent」が変更されていて、修復されません。
  • 「Library/Application Support/Apple/ParentalControls/ALRHelperJobs」のアクセス権は drwxrwxr-x であるべきですが、drwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/iTunes.app/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-rw-r-- であるべきですが、lrw-rw-r-- になっています。
  • 「Applications/iTunes.app/Contents/Frameworks/InternetUtilities.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-rw-r-- であるべきですが、lrw-rw-r-- になっています。
  • 「Applications/iTunes.app/Contents/Resources/iTunesHelper.app/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-rw-r-- であるべきですが、lrw-rw-r-- になっています。
  • 警告:SUID ファイル「System/Library/Filesystems/AppleShare/afpLoad」が変更されていて、修復されません。
  • 警告:SUID ファイル「usr/bin/setregion」が変更されていて、修復されません。
  • 「Library/Application Support/Apple/ParentalControls/ContentFiltering」のアクセス権は drwxrwxr-x であるべきですが、drwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Application Support/Apple/ParentalControls」のアクセス権は drwxrwxr-x であるべきですが、drwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/RawCamera.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Install.framework/Versions/A/Resources/runner」が変更されていて、修復されません。
  • 警告:SUID ファイル「System/Library/Printers/IOMs/LPRIOM.plugin/Contents/MacOS/LPRIOMHelper」が変更されていて、修復されません。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iLifeMediaBrowser.framework/Versions/A/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/BlackAndWhiteEffect.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/CubeTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/DissolveTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/DropletTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/FadeThroughBlackTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/FlipTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/MosaicFlipTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/MosaicFlipTransitionSmall.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/PageFlipTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/PushTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/RevealTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/SepiaEffect.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/TwirlTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework/Versions/A/Resources/Plugins/WipeTransition.IAPlugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/CodeResources」のアクセス権は -rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/DVD.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/FRSettings.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr- になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/FRSources.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr- になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/Movies.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/Music.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/Photos.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/Podcasts.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr- になっています。
  • 「System/Library/CoreServices/Front Row.app/Contents/PlugIns/TV.frappliance/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/BackRow.framework/Versions/A/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeComponents.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTimeJava/QuickTimeJava.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/AppleVAH264HW.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTime3GPP.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r--であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeFireWireDV.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeH264.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeIIDCDigitizer.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeImporters.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeMPEG.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeMPEG4.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeStreaming.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/QuickTime/QuickTimeVR.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/QuickTime Plugin.plugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/QuickTime Plugin.webplugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/QTKit.framework/Versions/A/Resources/QTKitIBPlugin.ibplugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Spotlight/QuickTime.mdimporter/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Audio/Plug-Ins/HAL/iSightAudio.plugin/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/QuickTime.framework/Versions/A/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/AnnotationInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/AudioSettingsInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/DataRefInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/HintTrackInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/NetworkInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/SettingsInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Applications/QuickTime Player.app/Contents/PlugIns/VisualTrackInspector.propPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTAdvanced.prefPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTAdvanced.prefPane/Contents/Resources/QTMediaKeys.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTAdvanced.prefPane/Contents/Resources/QTMime.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTAdvanced.prefPane/Contents/Resources/QTTransport.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTPlugIn.prefPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTRegister.prefPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTRegister.prefPane/Contents/Resources/QTAbout.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTStreaming.prefPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PreferencePanes/QuickTime.prefPane/Contents/Resources/QTUpdate.prefPane/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/MobileDevice.framework/Versions/A/AppleMobileDeviceHelper.app/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/MobileDevice.framework/Versions/A/AppleMobileSync.app/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/CodeResources」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Info.plist」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Info.plist」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/MacOS/JavaPluginCocoa」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/MacOS/JavaPluginCocoa」のアクセス権は、-rwxrwxr-x であるべきですが、-rwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/MacOS」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/MacOS」のアクセス権は、drwxrwxr-x であるべきですが、drwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources/Localizable.strings」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources/Localizable.strings」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources」のアクセス権は、drwxrwxr-x であるべきですが、drwxr-xr-x になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/version.plist」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/version.plist」のアクセス権は、-rw-rw-r-- であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents」のグループは、80 であるべきですが、0 になっています。
  • 「Library/Internet Plug-Ins/JavaPluginCocoa.bundle/Contents」のアクセス権は、drwxrwxr-x であるべきですが、drwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Components/AudioCodecs.component/Contents/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/PrivateFrameworks/CoreAUC.framework/Versions/A/CodeResources」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Classes/dt.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Classes/jce.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Classes/jconsole.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Classes/management-agent.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/lib」のユーザは、0 であるべきですが、95 になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/lib/dt.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/lib/jce.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/lib/management-agent.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/lib/security/blacklist」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Libraries」のユーザは、0 であるべきですが、95 になっています。
  • 「System/Library/Java/Support/Deploy.bundle/Contents/Home/lib/security/cacerts」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/Support/Deploy.bundle/Contents/Resources/Java/deploy.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Java/Support/Deploy.bundle/Contents/Resources/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources/Java/deploy.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、lrw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Classes/dt.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Classes/jce.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Classes/jconsole.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Classes/management-agent.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/lib」のユーザは、95 であるべきですが、0 になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/lib/dt.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/lib/jce.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/lib/management-agent.jar」のアクセス権は、lrwxr-xr-x であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/lib/security/blacklist」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Libraries」のユーザは、95 であるべきですが、0 になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Resources/JavaPluginCocoa.bundle」のアクセス権は、drwxr-xr-x であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Resources/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources/Java/deploy.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Resources/JavaPluginCocoa.bundle/Contents/Resources/Java/libdeploy.jnilib」のアクセス権は、-rwxr-xr-x であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Resources/Deploy.bundle/Contents/Home/lib/security/cacerts」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Resources/Deploy.bundle/Contents/Resources/Java/deploy.jar」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。
  • 「System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Resources/Deploy.bundle/Contents/Resources/Java/libdeploy.jnilib」のアクセス権は、-rwxr-xr-x であるべきですが、lrwxr-xr-x になっています。

Mac OS X Server で表示されることがある以下のメッセージは、無視しても構いません。

  • 「private/var/db/openldap/openldap-data」のアクセス権は、drwxr-xr-x であるべきですが、drw------- になっています。
  • 「private/etc/postfix/master.cf」のアクセス権は、-r--r--r-- であるべきですが、-rw-r--r-- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/dsattributes.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/dsquery.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/pydirector/pdamp.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/pydirector/pdconf.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/pydirector/pdmain.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/pydirector/pdnetworktwisted.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「usr/share/caldavd/lib/python/twisted/web2/filter/gzip.pyc」のアクセス権は、-rw-r--r-- であるべきですが、-rw-r----- になっています。
  • 「WebObjects」という語句を含むすべてのメッセージ

これらのメッセージは無視して構いません。また、「ACL は見つかりましたが...」から始まるすべてのメッセージも無視できます。これらのメッセージは、ファイルまたはフォルダのアクセス権を変更すると表示されることがあります。これらのメッセージは正しいものですが、問題を引き起こすものではありません。

公開日: