iPhoto:カメラの接続に関するトラブルシューティング

コンピュータに接続したカメラが iPhoto で認識されません。

この記事では、iPhoto にデジタルカメラを接続した場合に発生する問題のトラブルシューティング手順を紹介します。以下の手順で、カメラに互換性があるか、コンピュータに最新の Mac OS X がインストールされているか、iPhoto が最新バージョンか、カメラが PTP (Picture-Transfer-Protocol) 機能に対応しているかを確認します。

  1. カメラが iPhoto と互換性があるかどうかを確認します。
  2. カメラを USB 経由でコンピュータと接続する際、複数のモードを利用可能かどうかを、カメラの取扱説明書で確認します。カメラによっては、マスストレージモードや、PTP (Picture-Transfer-Protocol) モードにできる機能を備えている場合があります。いずれかのモードで、iPhoto でカメラが認識されるかを確認します。
  3. iPhoto と Mac OS X が最新バージョンであることを確認します。Mac OS X のアップデートには各種カメラに関するサポートが含まれています。
  4. カメラの電源を入れ、コンピュータに接続します。システムプロファイラ (「ユーティリティ」フォルダ内) で、カメラが USB 装置として接続されていることを確認します。
  5. イメージキャプチャ (「アプリケーション」フォルダ内) で、カメラが認識されるかを確認します。それでも iPhoto でカメラが認識されない場合は、カメラにコンパクトフラッシュ (CF) カードやセキュアデジタル (SD) カードなどの取り外し可能なストレージカードが搭載されているかどうかを確認します。ストレージカードを搭載している場合、USB または FireWire カードリーダーをコンピュータに接続し、ストレージカードをマウントすると、Finder から写真ファイルを読み込めることがあります。

 

公開日: