Voice over LTE (VoLTE) を使って通話する

iPhone 6 以降では、VoLTE による高音質な通話をお楽しみいただけます。VoLTE で通話するには、かける側も受ける側も VoLTE 対応機種を使っている必要があります。

通信事業者および地域を確認する

VoLTE をご利用いただけるかどうかは、以下の条件によって異なります。

  • ご利用の地域、通信事業者にご登録のアカウント、iPhone のモデル
  • 電話のお相手がご利用の通信事業者、通信事業者にご登録のアカウント、地域、および電話機のモデル

通信事業者によっては、VoLTE を利用できる都市や市外局番が限られている場合があります。お住まいの地域およびアカウントに関するご質問は、通信事業者にお問い合わせください。 

ご契約先の通信事業者が VoLTE に対応しているかどうかは、こちらの記事でご確認いただけます。

VoLTE を有効にする

通信事業者によっては、この機能がデフォルトで有効になっています。VoLTE が有効かどうかを確認するには、「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」の順に選択し、「VoLTE」または「LTE 回線を使用」をオンにします。

エラーメッセージが表示される場合

VoLTE を有効にしようとすると、「LTE 回線による通話機能をオンにできません。このアカウントで LTE 回線による通話機能をオンにするには、[通信事業者名] に問い合わせてください」というメッセージが表示されることがあります。この現象は、一部の通信事業者の一部のアカウント (ビジネスラインなど) で起きる場合があります。通信事業者が VoLTE 対応として認定していない携帯電話ネットワークで VoLTE を有効にすると、バッテリーの継続時間、通話、テキスト、メッセージ、留守番電話、モバイルデータ通信に影響する場合があります。詳しくは、ご契約先の通信事業者にお問い合わせください。

新しい SIM カードを挿入する必要があるというメッセージが表示される場合もあります。この現象は、SIM カードが古い場合に起きることがあります。このような場合、VoLTE を利用するには、新しい SIM カードが必要です。ご契約先の通信事業者にお問い合わせください。

公開日: