Apple Business Manager や Apple School Manager で新しい利用規約への同意を求められる場合

Apple では、新しいバージョンの OS のリリースに伴い、macOS、iOS、または tvOS のソフトウェア使用許諾契約を随時改訂します。ソフトウェア使用許諾契約が改訂されたら、Apple School Manager の管理者や Apple Business Manager の管理者の方、または Device Enrollment Program のエージェントの方に、プログラムの Web サイトにログインして、改訂後の利用規約を確認の上、同意いただく必要があります。

管理者とエージェントについて

プログラムの初期登録手続きを担当する方に、登録する組織を代表して以下の利用規約にも同意していただきます。

  • Apple Device Enrollment Program、Apple School Manager、または Apple Business Manager の利用規約
  • macOS ソフトウェア使用許諾契約
  • iOS ソフトウェア使用許諾契約
  • tvOS ソフトウェア使用許諾契約

登録の完了後、この人物が Apple School Manager (ASM) や Apple Business Manager (ABM) の管理者、または Device Enrollment Program (DEP) のエージェントになります。ASM または ABM では、自分以外に 4 名まで管理者を指定することもできます。DEP では、エージェントは 1 名だけです。

改訂版の契約に同意する

Apple が上記の規約や契約のいずれかを改訂した場合、ASM 管理者、ABM 管理者、または DEP エージェントはプログラムの Web サイトにサインインし、改訂後の契約に同意する必要があります。

契約に同意しない場合

ASM、ABM、または DEPでモバイルデバイス管理 (MDM) サーバに割り当てられているデバイスに影響はありません。デバイスのコンテンツと設定をすべて消去した場合でも、デバイスは引き続き同じ MDM サーバに割り当てられ、あらためて設定する際も同じ設定内容が適用されます。

ただし、新しい契約に同意いただくまでは、以下の条件が課されます。

  • ASM の講師とマネージャがユーザのパスワードをリセットし、ログイン情報を送信またはプリントすることはできますが、その他のサイトの機能は無効になります。
  • ABM のマネージャがユーザのパスワードをリセットし、ログイン情報を送信またはプリントすることはできますが、その他のサイトの機能は無効になります。
  • DEP の (エージェントではなく) 管理者は、エージェントが改訂後の契約に同意するまで、DEP のポータルにログインできなくなります。
  • ASM、ABM、および DEP で、新たに購入したデバイスを特定のモバイルデバイス管理 (MDM) サーバに自動的に割り当てるオプションを選択している場合でも、新しいデバイスを MDM サーバに割り当てることはできません。
  • Apple のデバイス管理サーバとの通信時に、MDM サーバから「403 T_C_NOT_SIGNED」というようなエラーメッセージが報告される場合があります。
公開日: