Mac で Safari 機能拡張をインストールする方法

Safari 機能拡張で、Mac での Web の閲覧が格段と快適になり、また、閲覧の仕方を自分仕様に変更できます。

Safari 機能拡張は、Safari に機能を追加して、Web を思い通りに閲覧できるようにしてくれます。Web ページに関する有用な情報を知らせる、ニュースの見出しを表示する、お気に入りのサービスを使いやすくする、Web ページの見た目を変えるなど、機能拡張でできることはさまざまです。Web の楽しみ方を自分好みに変える手段として、機能拡張は秀逸です。

App Store を使って、Safari 機能拡張を都合に合わせてダウンロードし、インストールできます。App Store の機能拡張はすべて、その安全面を Apple が審査し、署名し、管理しています。 

 


 

機能拡張をインストールする方法

まず、最新の macOS のアップデートをインストールし、Safari を最新の状態にしておきましょう。App Store から Safari 機能拡張を入手するには、Safari 12 以降が必要です。

機能拡張を探してインストールします。

  1. Safari を開いて、メニューバーから「Safari」>「Safari 機能拡張」の順に選択します。
  2. App Store が開いて、「Safari の機能拡張」ページが表示されます (上図を参照)。機能拡張をダウンロードおよびインストールするには、「入手」または価格のボタンをクリックします。サインアウトしている場合は、Apple ID でサインインする必要があります。
  3. 「インストール」をクリックします。
  4. 機能拡張がインストールされたら、「開く」をクリックして、画面に表示される機能拡張の指示に従います。

その後、Safari に戻り、インストールされた機能拡張を有効にします。

  1. 「Safari」>「環境設定」の順に選択します。
  2. 「機能拡張」をクリックします。
  3. 機能拡張の名前の横にあるチェックボックスを選択します。

App Store からインストールした機能拡張はすべて自動的に最新版にアップデートされます。

 


機能拡張を無効にする/アンインストールする方法

「Safari」>「環境設定」の順に選択し、「機能拡張」をクリックします。

  • 機能拡張を無効にするには、そのチェックボックスの選択を解除します。
  • 機能拡張をアンインストールするには、機能拡張を選択して「アンインストール」ボタンをクリックします。機能拡張の用途がわからない場合や、もう使わないと思う場合は、アンインストールしてください。

 


関連情報

Safari では、ほとんどの Web プラグインがサポート対象外になりました。Web ページの読み込み時間を短縮し、省エネとセキュリティ強化を図るため、Safari では、HTML5 Web 標準を採用したコンテンツを最適に閲覧できるようになりました。HTML5 なら、プラグインは不要です。閲覧機能を強化し、カスタマイズするには、Web プラグインの代わりに Safari 機能拡張を使います。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: